android studio タイマー 4

Instant App を移行すると、App Bundle のメリットを生かして、アプリのモジュール設計を簡素化できます。, 個別アノテーション処理を専用のタスクに分割する機能は削除されました。このオプションは、Java のみのプロジェクトで非増分アノテーション プロセッサが使用されている場合において、増分 Java コンパイルの維持に使用されていました。有効化には gradle.properties ファイルで android.enableSeparateAnnotationProcessing を true に設定する必要がありましたが、この設定はすでにご利用いただけません。, ビルド パフォーマンスを向上させるには、代わりに増分アノテーション プロセッサを使用するよう移行する必要があります。, Android Gradle プラグインは、コンパイル クラスパスで宣言したアノテーション プロセッサのチェックや追加を行えなくなり、annotationProcessorOptions.includeCompileClasspath DSL プロパティは無効になります。アノテーション プロセッサをコンパイル クラスパスに追加すると、次のエラーが発生することがあります。, この問題を解決するには、annotationProcessor 依存関係構成を使用して、build.gradle ファイルにアノテーション プロセッサを含める必要があります。詳細については、アノテーション プロセッサの追加をご覧ください。, 以前のバージョンの Android Gradle プラグインでは、jniLibs を使用して、CMake 外部ネイティブ ビルドで使用するビルド済みライブラリを明示的にパッケージ化することが求められました。モジュールの src/main/jniLibs ディレクトリ、または build.gradle ファイルに設定されているその他のディレクトリにライブラリが存在する場合もあります。, Android Gradle プラグイン 4.0 では上記の設定は不要になったため、ビルドエラーが発生することがあります。, 外部ネイティブ ビルドではそれらのライブラリが自動的にパッケージ化されるため、jniLibs を指定してライブラリを明示的にパッケージ化すると、重複が発生します。ビルドエラーを回避するには、ビルド済みライブラリを jniLibs の外部に移動するか、build.gradle ファイルから jniLibs 設定を削除します。, このセクションでは、Android Gradle プラグイン 4.0.0 に存在する既知の問題について説明します。, Android Gradle プラグイン 4.0 で変更を行うと、Gradle 6.3 以下のバージョンで --no-daemon を使用したときに競合状態が発生し、ビルドの完了後にビルドがハングすることがあります。, Gradle 5.6.4。 Android デベロッパー Android Studio のダウンロード アーカイブ. findViewById() は、自動生成されたバインディング クラス参照に置き換えることができるようになりました。ビュー バインディングを使用するには、各モジュールの build.gradle ファイルに次の行を含めます。, Android Gradle プラグインには、Maven Publish Gradle プラグインのサポートが含まれています。これにより、ビルド アーティファクトを Apache Maven リポジトリに公開できます。Android Gradle プラグインは、アプリまたはライブラリ モジュール内のビルド バリアント アーティファクトごとにコンポーネントを作成します。これを使用して、Maven リポジトリへのパブリケーションをカスタマイズできます。, 詳細については、Maven Publish プラグインを使用する方法についてのページをご覧ください。, アプリのデバッグ バージョンをビルドする場合、プラグインは zipflinger という新しいパッケージ化ツールを使用して APK をビルドします。この新しいツールを使用すると、ビルド速度が向上します。この新しいパッケージ化ツールが期待どおりに動作しない場合は、バグを報告してください。以前のパッケージ化ツールを使用するには、次の行を gradle.properties ファイルに含めます。, プロジェクトの各 C / C++ ファイルを Clang でビルドしてリンクするのにかかる時間を測定できるようになりました。Gradle はこれらのコンパイラ イベントのタイムスタンプを含む Chrome トレースを出力できるため、プロジェクトをビルドするのに必要な時間を詳細に把握できます。このビルド アトリビューション ファイルを出力する手順は次のとおりです。, Gradle ビルドを実行するときに、フラグ -Pandroid.enableProfileJson=true を追加します。次に例を示します。, gradlew assembleDebug -Pandroid.enableProfileJson=true, Chrome ブラウザを開き、検索バーに「chrome://tracing」と入力します。, [Load] ボタンをクリックし、project-root/build/android-profile に移動して、profile-timestamp.json.gz という名前のファイルを探します。, アプリをビルドするときに、プラグインによってデフォルトで extractNativeLibs が "false" に設定されるようになりました。つまり、ネイティブ ライブラリのページ アライメントとパッケージ化が圧縮なしで行われます。その結果、アップロード サイズは大きくなりますが、ユーザーには次のようなメリットがあります。, Android Gradle プラグインで圧縮ネイティブ ライブラリをパッケージ化する場合は、アプリのマニフェストに次の行を含めます。, 複数のバージョンの NDK をダウンロードした場合、Android Gradle プラグインはデフォルトのバージョンを選択するようになりました。ソースコード ファイルのコンパイルでは、このデフォルトのバージョンが使用されます。プラグインは以前は、最近ダウンロードされたバージョンの NDK を選択していました。プラグインが選択したデフォルトのバージョンをオーバーライドするには、モジュールの build.gradle ファイル内の android.ndkVersion プロパティを使用します。, Android Gradle プラグインは、プロジェクトのライブラリ モジュールごとに R クラスを 1 つだけ生成し、その R クラスを他のモジュール依存関係と共有することで、コンパイル クラスパスを簡素化します。この最適化によってビルドが高速化されますが、以下の点に留意する必要があります。, ライブラリ モジュールに関して、デフォルトのリソースセットに含まれていない言語のリソースを含める場合(hello_world が /values-es/strings.xml に文字列リソースとして含まれているが、そのリソースが /values/strings.xml で定義されていない場合など)、Android Gradle プラグインはプロジェクトのコンパイル時にそのリソースを含めなくなりました。この動作変更により、Resource Not Found ランタイム例外の発生が減少し、ビルド速度が向上します。, D8 において、アプリのコンパイル中にアノテーションが CLASS 保持ポリシーを適用するタイミングが考慮されるようになりました。また、これらのアノテーションは、実行時には使用できなくなりました。この動作は、アプリのターゲット SDK を API レベル 23 に設定するときにも行われます。そのため以前は、Android Gradle プラグインと D8 の古いバージョンを使用してアプリをコンパイルする場合、実行時にこれらのアノテーションにアクセスすることができました。, このバージョンの Android Gradle プラグインには、次のバグ修正が含まれています。, このセクションでは、Android Gradle プラグイン 3.6.0 に存在する既知の問題について説明します。, Android Lint は、解析インフラストラクチャでの回帰が原因で、一部のプロジェクトにおいて完了までに非常に時間がかかることがあります。そのため、特定のコード構造では、ラムダの推定型の計算速度が低下します。, この問題は IDEA のバグとして報告されており、Android Gradle プラグイン 4.0 で修正される予定です。, アプリのマニフェストでカスタム権限を定義している場合、Android Gradle プラグインは通常、カスタム権限を文字列定数として含む Manifest.java クラスを生成します。Android Gradle プラグインはこのクラスをアプリにパッケージ化するため、ランタイムにこれらの権限を簡単に参照できます。, Android Gradle プラグイン 3.6.0 では、マニフェスト クラスの生成は行われません。このバージョンのプラグインでアプリをビルドし、そのアプリでマニフェスト クラスを参照すると、ClassNotFoundException 例外が発生することがあります。この問題を解決するには、以下のいずれかを行います。, Android Gradle プラグイン 3.5.0 と Android Studio 3.5 が Project Marble の主なリリースとなります。今回のリリースでは Android デベロッパー ツールの 3 つの主な改善点であるシステムの健全性、機能の改良、バグの修正に重点を置いています。特に、プロジェクト ビルド速度の向上がこのアップデートの主な焦点でした。, Project Madble の上記の情報とその他の最新情報については、Android デベロッパー ブログの記事または下記のセクションをご覧ください。, Gradle 5.4.1。

ナプキン 捨てる 袋 チラシ 7, High Hopes 日本語に聞こえる 31, ダイソン Dc62 バッテリー 寿命 4, 箱入り息子の恋 ロケ地 公園 11, Tomorrow 陽はまた 昇る 最終回 5, ケーズデンキ 修理 電話番号 9, チケット払い戻し 封筒 書き方 27, 他人の子供 褒め言葉 英語 10, 委任状 テンプレート 銀行 15, 幼少期 愛情不足 浮気 36, 円盤投げ 回転 方向 6, サラリーマン 資格 副業 4, ジョゼと虎と魚たち 映画 原作 違い 18, 高島彩 髪 バッサリ 10, 鬼滅の刃 海外の反応 17 16, 寄生獣 田村 名言 14, 血液型 蚊 論文 30, Zoom 鑑賞会 画面共有 16, ライブ Ment 意味 6, ん 字母 読み方 5, 承太郎 名言 悪とは 35, アンナチュラル 夢小説 ランキング 16,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *