腎機能低下 原因 ストレス 7

腎よもやま話のコーナーでは、腎臓や腎臓病にまつわる様々な情報を提供しています。腎臓は人間のからだにとって重要な様々な働きをしています。腎臓病になるといろいろな症状がからだに現れ、悪化すると透析に至ることもあります。 肝機能の数値が高い原因として、40代50代60代に多いストレスや寝不足があります。ストレスや寝不足がある方は、肝臓の機能を低下させて、肝臓に存在するべきγ-gtp、alt(gpt)、ast(got)が血液中に流れ出てしまい、肝機能の数値が上がります。 腎臓は「血液中の老廃物をろ過して尿をつくる」だけの臓器と考えられがちですが、「血圧のコントロール」「赤血球の造血」「血液のpHおよびミネラルバランスの調整」「骨代謝の調整」など、体の健康維持に必要な数多くの機能を担っています。不規則な生活が続いても大きな体調の変化が現れないよう、見えないところで生理機能の調整を行ってくれるため、わたしたちは普段、そのはたらきの重要性に気づきません。, しかし、過労や心理的なストレス、睡眠不足など、不規則な生活からくる心身の疲労は、腎臓にも大きな負担をかけています。24時間休むことなくはたらき続ける腎臓には、損なわれた機能を回復する休養時間が必要です。それがないと疲労が蓄積し、腎機能の低下を招いたり、慢性腎臓病につながる生活習慣病のリスクを高めたりすることがわかってきました。, 腎臓の健康を保ち、慢性腎臓病のリスクを減らすには、どのような点に気をつけて日常生活を送ればよいのでしょうか?, はたらきづめの腎臓が唯一休めるのは、外界からの刺激が遮断され、体内の生理機能が抑制される睡眠中です。睡眠中に腎臓をしっかり休ませることができないと、腎機能が少しずつ衰えてしまいます。, 2015年、循環器研究で著名なブリガム・アンド・ウィメンズ病院が発表した、米国女性4000人超を対象に行われた大規模調査によると、1晩あたりの睡眠時間が5時間以下の女性は、睡眠時間が7~8時間の女性に比べて、腎機能が衰えるリスクが65%も高いことがわかりました。, 腎機能を休ませるためには、睡眠時間を長く取るだけでなく、腎臓が休めるような状態をつくることも大切です。そのために気をつけたいのが「寝る前の3~4時間は食事を取らないこと」。食べ物の消化中、腎臓は水分や塩分の調節をする必要があり、ゆっくり休むことができないからです。, 十分な睡眠は、慢性腎臓病の原因となる肥満や糖尿病のリスクを軽減することも明らかになっています。規則正しい生活を心がけ、休養や睡眠を十分に取り、腎機能を回復させることが肝心です。, ストレスは腎臓への血流を低下させます。そのため、ストレスを受けると腎臓のはたらきが悪化して、水分や塩分、老廃物を正常に排出できなくなるため、体全体に不調をきたすようになります。, たとえば、突発性浮腫という原因不明のむくみが起こる理由の1つとして、ストレスの存在が考えられています。この疾患を発症するのはほとんどが女性で、患者さんはストレスの多い仕事に就いている人が多く、ストレスが多いほどむくみも強くなる傾向があるからです。, また、ストレスは尿酸値を上昇させるという報告もあります。大阪市立大学の研究グループは2017年、尿酸が正常値の範囲内であっても、一定限度を超えると腎臓への血流を低下させ、腎機能を損なうとする研究結果を発表しています。, ストレスは体の免疫力を低下させ、風邪や感染症などにかかりやすくすることも知られています。細菌やウイルスに感染すると、腎臓の糸球体の毛細血管が炎症を起こし、腎機能が著しく低下します。また、薬の種類によっては腎臓から排出される際、尿細管を傷める場合もあります。必要な薬以外は飲まないことも大切です。, 腎臓は体内の塩分量を調節し、血圧の調整を行っています。塩分の濃い食事は腎臓に負担をかけ、腎機能の低下につながります。, 厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたりの塩分摂取量(目標量)を、18歳以上の男性8.0g未満、18以上の女性は7.0g未満と定めています。 クレアチニンっていったい何? 腎機能の状態の把握や改善に役立てよう. [監修]東京女子医科大学 第四内科学 血液浄化療法科 教授 土谷 健(つちや けん)先生プロフィール, 腎臓の病気は自覚症状が現れにくいことが多いのですが、「むくみ」「血尿」などは比較的気づきやすい症状といえるでしょう。, 腎臓病の初期症状としては、足・手・顔などがパンパンに腫れてしまう「むくみ(浮腫)」があげられます。, 血液をろ過している腎臓の糸球体に障害が起こると、網の目が目詰まりして血液を十分ろ過することができなくなり、老廃物や余分な水分、塩分を体外に排泄できなくなります。, むくみの原因として腎臓病はとても多く、むくみの症状がみられる場合は、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全などの可能性が疑われます(表1)。, 多発性のう胞腎(PKD)でも、腎臓の働きが低下するとむくみなどの症状が現れ始めます。, 人間の体は約60%が水分です。このうち、2/3(体重の40%)は細胞内液として体の細胞の中にあり、残りの1/3(体重の20%)が細胞の外にあります。細胞の外にある水分のうちの1/4(体重の5%)は血漿(けっしょう)として血管の中を流れ、残る3/4(体重の15%)は組織間液として細胞と細胞の間に存在しています(図1)。, 血管は、たんぱく質などの大きなものは通しませんが、水やミネラルなどの小さなものは通れるようにできています。健康な人は血管の外側と内側の圧力がバランスを保っているため通常はむくみません。, しかし、毛細血管の血圧が何かの原因で高くなってしまうと、水分が血管から細胞と細胞の間に染み出してきます。これがむくみとなって現れてきます。, また、血管の中のたんぱく質の濃度が低下した場合、血管の浸透圧が低くなります。すると水分が血管から染み出すことで、むくみが起こってきます。, この他に、毛細血管がたんぱく質や水分を通しやすくなった場合などにも、むくみが起こります。, むくみの原因が腎臓の病気である場合、ネフローゼ症候群や急性糸球体腎炎、慢性腎臓病(CKD)などが考えられます。, ネフローゼ症候群は、尿からたんぱくが大量に漏れ出してしまうために、血液中のたんぱく質が少なくなってしまう病気です。血液中のたんぱく質が少なくなると浸透圧が低くなるため、血中から細胞と細胞の間に水分が移動して、むくみが起こります。, 急性糸球体腎炎では腎臓が炎症を起こし、尿を作る能力が低下します。これにより余分な水分が排泄されず、身体が水分過多になってむくみが起こります。, 血液は心臓の働きや、足の筋肉の収縮により、重力に逆らって体内を循環しています。しかし長時間立っていると重力の影響で血液が足に溜まり、血管の圧力が高くなることでむくみが起こります。, そのため、健康な人でも、夕方に足がむくむことがあります。このような、休息をとれば解消される一過性のむくみであれば、過剰に心配する必要はありません。, むくみが強い場合には、足の脛(すね)などを指で押すと、へこんで指の跡が残ります。他にも、顔面のむくみ感、急な体重増加、下腿(ひざ下)の腫れなどがみられます。, 血尿の原因は2種類あり、1つは糸球体になんらかの障害が起きている場合、もう1つは膀胱にがんができたり、結石(※)で粘膜が傷ついたりした泌尿器科的原因のことが多いと考えられています。, また、糸球体に由来するものは血の塊をつくりませんが、泌尿器科的原因では血が固まるのが特徴です。, 障害された糸球体から漏れてきた血尿は、尿中に栄養素のタンパク質が出てしまう「タンパク尿」を伴うことも多く、主として慢性腎炎などの内科的病気が原因となります。, 血尿、タンパク尿を伴う症状がみられる場合、糖尿病性腎症、肥満関連腎症、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓の病気の可能性が疑われます(表2)。, PKDの症状では血尿が一般的ですが、タンパク尿がみられることもあります。全くみられないこともしばしばみられます。, 「血尿」「タンパク尿」は検尿で初めてわかることが多いのですが、尿が泡立つ、赤褐色調になるなどで自分で気づくこともあります。, 腎臓病の1つにADPKD(常染色体優性多発性嚢胞腎)という遺伝性の病気があります。腎機能を低下させる遺伝性の腎臓病について、気になる方、知りたい方はここをクリック。. 腎機能を低下させる原因として「飲酒」が挙げられます。適度な飲酒は腎臓にもほとんど影響しませんし、そもそも「過度な飲酒=(腎臓ではなく)肝臓に良くない」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、過度な飲酒は腎機能にも悪影響です。 栄養バランスの偏った食事やアルコールの過剰摂取、不規則な生活などが原因で肝臓の機能が低下してしまい、アルブミンの値も低くなってしまうのです。 ③腎機能の低下. よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること. むくみと腎臓との関係は、一般的によく知られるようになってきました。しかし、まだまだ早期発見が実現できていない現状があります。そこで今回は腎臓の機能低下によっておこるむくみとの関係性についてご紹介していきます。むくみの症状が出たときには参考にしてください。 十分な睡眠は、慢性腎臓病の原因となる肥満や糖尿病のリスクを軽減することも明らかになっています。規則正しい生活を心がけ、休養や睡眠を十分に取り、腎機能を回復させることが肝心です。 ストレス. クレアチニンは腎臓の状態を示す手がかりの一つです。数値に異常がある場合、何らかの原因によって腎臓の機能が低下している可能性があります。 1.腎臓の働き ‚ªAŒ’N‚É•sˆÀ‚Ì‚ ‚éê‡‚́A³Šm‚Ȑf’fEŽ¡—Â̂½‚߂Ɉã—Ë@ŠÖ“™‚ðŽóf‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B. クレアチニンは腎臓機能を調べる上で大切な検査値です。低い場合は筋ジストロフィーなどの疑いもありますが、基本的には高い場合が危険です。腎機能が低下している可能性があります。この記事ではクレアチニンの数値からわかる病気や改善法をご紹介しています ところが、2018年9月に発表された「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、2017年における成人1日あたりの塩分平均摂取量は、男性で10.8g、女性で9.1gもあることがわかりました。, 年齢別に見ると、男女ともに20代がもっとも少なく、60代までは年齢とともに摂取量が増加していく傾向にあるそうです。腎機能は加齢によってもゆっくり低下していきます。腎臓の負担を少しでも軽減するために、塩分を控えバランスのよい食事を摂るようにしたいですね。, 体内の余分な塩分や老廃物を排出するには、十分な水分を摂ることが大切です。健康な成人の場合、夏場で1.5~2L、冬場で1~1.5Lの水分を飲み物として摂取する必要があると言われています。, 夏場は特に汗で水分を失いやすいので、こまめに水分補給をするようにしましょう。腎機能が低下していると、水分摂取量を制限される場合もあります。担当の医師を相談しながら適切な水分量を摂取するようにしてください。, おしっこをがまんして膀胱に尿がいっぱいまでたまってしまうと、行き場を失った尿は腎臓に逆流し、糸球体を圧迫してダメージを与えます。長時間排尿しないでいると、膀胱内に細菌が発生しやすくなるため、尿と一緒に細菌が腎臓に入り、糸球体が炎症を起こしてしまいます。最悪の場合、腎盂炎を発症することも。十分な水分を取ったら、がまんせずに、適切なタイミングで排尿するよう心がけましょう。, 体温が下がると血行が滞り、腎臓の血流が悪化してしまいます。入浴時はぬるめのお湯にゆっくりつかり、体の中まで温まるようにしましょう。体が温まり血行がよくなると、新陳代謝も盛んになります。ゆったりと入浴することでストレスも軽減され、心身両面の健康回復につながります。入浴後は水分の補給を忘れずに。, 腎臓への負担を軽減させる成分を意識的に摂り、腎臓を長持ちさせる工夫ができるよう、心がけていきましょう。, 腎臓は人体の中で重要な役割を果たしており、腎機能が弱まることで様々な合併症を引き起こすことがあります。, 慢性腎臓病と高血圧は、とても密接な関係にあります。血液をサラサラにすることは、予防・改善につながります。, 免責事項本サイトは慢性腎臓病(CKD)の啓蒙を目的に作成しております。掲載内容は編集部が独自に収集したものであり、2018年1月時点の情報となります。CKD治療の最新情報に関しては、必ず医療機関や製薬会社の公式HPも確認してください。. Copyright (C) よくわかる慢性腎臓病(CKD)ガイド 予防・早期発見・合併症防止のためにできること All Rights Reserved.

大阪大学 基礎工学部 編入 倍率, 教科書 感想文 書き方, ハーレー ショベル 油圧が低い, え 驚き 英語, 住宅ローンシミュレーション 繰り上げ 複数, クルーウェル ぬいぐるみ 予約, 風水 2020 観葉植物, Mac 文字入力 消える, ときめき 片付け 断捨離, 自学ノート ネタ 4 年, 東京 新青森 新幹線 半額, 東武 百貨店 福袋 お 菓子, 和田 山 紅葉, ユニクロ Jwアンダーソン コーデ, 母 誕生日 プレゼント 美容グッズ, ビーフシチュー レシピ 人気, Girls2 センチメートル 歌詞, 画像サイズ ファイルサイズ 違い, アフター エフェクト ロフト ブラシ, Huawei P30 Lite ステータスバー アイコン Hd, リミット キャスト 日本, 七 つの 大罪 エレイン 生きてる, N-box Jf1 Jf3 違い, マツダ タイタン 故障, ベランダ 目隠し シェード ニトリ, 森50 蒲田駅 時刻表, Ipad クリスタ 自動更新, エアジョーダン4 オレンジメタリック プレ値, レブル250 新車 納期,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *