糖尿病 性ケトアシドーシス 腹痛 なぜ 24

Please confirm that you are a health care professional, ここから先は第三者のウェブサイトになります。当社は、第三者のウェブサイトのコンテンツに関与しておらず、掲載内容について一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。, 糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)は1型糖尿病患者に最も多く, インスリン濃度が体の基礎代謝所要量に及ばなくなったときに発生する。少数の患者ではDKAが1型糖尿病の初発症状である。 インスリン欠乏には,絶対的なもの(例,外因性 インスリン投与の中断中)と相対的なもの(例,生理的ストレスが高じて通常の インスリン用量が代謝必要量に満たないとき)とがある。, DKAは2型糖尿病ではより頻度が低いが,異常な生理的ストレス下では生じうる。Ketosis-prone type 2 diabetesは,肥満の人にときにみられる2型糖尿病の亜型で,多くの場合アフリカ系(アフリカ系アメリカ人,アフロ-カリブ系を含む)の人に発生する。Ketosis-prone type 2 diabetes(Flatbush糖尿病と呼ばれることもある)の患者は,高血糖によるβ細胞機能の障害が顕著なため,高血糖状態でDKAになる可能性がより高い。SGLT2阻害薬は,1型糖尿病および2型糖尿病の両方でDKAの発生に関与していることが確認されている。, インスリンが欠乏すると,生体はブドウ糖の代わりにトリグリセリドおよびアミノ酸を代謝してエネルギーを得るようになる。脂肪分解が亢進するためグリセロールや遊離脂肪酸(FFA)の血清中濃度は上昇し,同様に筋肉異化によるアラニン濃度も上昇する。グリセロールおよびアラニンは肝での糖新生の基質となり, インスリンが欠乏すると グルカゴンが過剰になり糖新生を刺激する。, グルカゴンはミトコンドリアにおけるFFAからケトン体への変換も刺激する。正常では インスリンがミトコンドリア基質へのFFA誘導体の輸送を抑制するため,ケトン体生成が阻害されるが, インスリンがない場合にはケトン体生成が進行する。産生される主要なケト酸であるアセト酢酸およびβヒドロキシ酪酸は,代謝性アシドーシスを引き起こす強有機酸である。アセト酢酸の代謝に由来するアセトンは血清中に蓄積し,呼吸によって緩徐に処理される。, インスリン欠乏による高血糖は,浸透圧利尿を引き起こし,尿からの水分および電解質の著明な喪失につながる。尿中へのケトン体排泄により,ナトリウムおよびカリウムがさらに喪失される。血清ナトリウム値はナトリウム利尿によって低下するか,または大量の自由水の排泄によって上昇する。カリウムも大量に失われ,ときに24時間で300mEqを上回る。アシドーシスに反応して細胞外へとカリウムが移動するため,体内の総カリウム量が顕著に欠乏しているにもかかわらず初期の血清カリウム値は通常正常か上昇している。 インスリン療法はカリウムを細胞内に移動させるため,カリウム値は一般には治療中にさらに低下する。血清カリウム値のモニタリングおよび必要に応じた補充が行われなければ,生命を脅かす低カリウム血症が生じる恐れがある。, 糖尿病性ケトアシドーシスの症状および徴候は,高血糖の症状に悪心,嘔吐,および―特に小児では―腹痛が加わったものである。嗜眠や傾眠は,より重度の代償不全の症状である。患者は脱水やアシドーシスによる低血圧および頻脈を呈する場合がある;アシデミアを代償するために,患者は速く深く呼吸をする(クスマウル呼吸)。呼気中のアセトンが原因で果物のような香りのする息を呈することもある。発熱はDKA自体の徴候ではなく,発熱が存在するならば基礎に感染症があることを意味する。適時に治療が行われなければ,DKAは昏睡や死亡へと進行する。, 急性脳浮腫はDKA患者の約1%に生じる合併症であり,主に小児にみられ,より頻度は低いが青年や若年成人でも認める。一部の患者では急性脳浮腫の前兆として頭痛および意識レベルの変動を認めることもあるが,呼吸停止が初発症状である患者もいる。原因は十分に解明されていないが,血清浸透圧のあまりに急速な低下または脳虚血と関連している可能性がある。急性脳浮腫は,5歳未満の小児でDKAが糖尿病の初発症状であるときに起こる可能性が最も高い。受診時にBUNが極めて高く,Paco2が極めて低い小児は最もリスクが高いと考えられる。低ナトリウム血症の是正の遅れとDKA治療中の重炭酸の使用は,付加的な危険因子となる。, 糖尿病性ケトアシドーシスが疑われる患者では,血清電解質,BUNおよびクレアチニン,グルコース,ケトン体,ならびに浸透圧を測定すべきである。尿中のケトン体を検査すべきである。重篤な容態の患者およびケトン体が陽性の患者では,動脈血ガス測定を行うべきである。, DKAの診断は,高血糖の存在下で,動脈血pH < 7.30かつアニオンギャップ > 12( アニオンギャップ)であり,血清中にケトン体を認めることによる。尿糖および尿ケトン体が強陽性のときにはDKAの診断が推定される。尿試験紙や一部の血清ケトン体検査では,アセト酢酸は検出されるが,通常主要なケト酸であるβ-ヒドロキシ酪酸は検出されないため,ケトーシスの程度が過小評価されることがある。, 適切な検査(例,培養,画像検査)により誘因となる疾患の症状および徴候を探索すべきである。急性心筋梗塞のスクリーニングのため,成人には心電図検査を施行し,血清カリウム値の重症度を判断材料とする。, その他の検査値異常には,低ナトリウム血症,血清クレアチニン高値,および血漿浸透圧高値などがある。高血糖は希釈性低ナトリウム血症を引き起こすことがあるため,血清血糖値が100mg/dLを超える場合,100mg/dLの上昇毎に血清Naの測定値に1.6mEq/Lを加算することで補正する。例えば,血清ナトリウムが124mEq/Lで血糖値が600mg/dLの患者の場合,1.6([600 − 100]/100) = 8mEq/Lであり,これを124に加算すると血清ナトリウムの補正値は132mEq/Lとなる。アシドーシスが是正されると,血清カリウム値も低下する。初期カリウム値4.5mEq/L未満は著明なカリウム欠乏を示し,迅速なカリウム補充を要する。, 血清アミラーゼや血清リパーゼは,膵炎(アルコール性ケトアシドーシス患者および高トリグリセリド血症を併発する患者にみられる場合がある)がなくてもしばしば上昇している。, 糖尿病性ケトアシドーシスによる全死亡率は1%未満であるが,高齢者や生命を脅かす他の病態がある患者では死亡率がより高くなる。入院時のショックまたは昏睡は予後不良を示す。主な死因は,循環虚脱,低カリウム血症,および感染症である。脳浮腫を伴う小児のうち約57%は完全に回復し,21%は神経学的後遺症を残し,21%は死亡する。, 糖尿病性ケトアシドーシスの治療において最も緊急性の高い目標は,血管内容量の急速な補充,高血糖およびアシドーシスの是正,ならびに低カリウム血症の予防である(1)。誘発因子の同定も重要である。初期には臨床所見や臨床検査による評価を1~2時間毎に行い,治療を適宜調整する必要があるため,治療は集中治療室で行うべきである。, 血圧を上昇させ,糸球体の灌流を確保するため,血管内容量を速やかに回復させるべきである;血管内容量が一旦回復したら,残る体内総水分量の不足はより緩徐に,通常は約24時間かけて是正する。成人での初期の補液は,通常1~3Lの生理食塩水を急速静注後,生理食塩水を1L/時,または必要に応じてそれ以上の速度で静注し,血圧上昇,高血糖の是正,十分な尿量の確保を図る。糖尿病性ケトアシドーシスの成人では,通常初めの5時間で最低3Lの生理食塩水を必要とする。血圧が安定し十分な尿量が確保されれば,生理食塩水を0.45%食塩水に切り替える。血糖値が200mg/dL(11.1mmol/L)未満に低下するときは,5%ブドウ糖を含む0.45%食塩水の静注に変更すべきである。, 小児の場合,水分欠乏量は60~100mL/kg体重と推定される。小児への維持輸液(進行中の喪失に対する)も行わなければならない。初期の輸液療法では生理食塩水(20mL/kg)を1~2時間かけて投与し,血圧が安定し尿量が十分になった時点で,引き続き0.45%食塩水を投与する。残存する水分欠乏量は36時間かけて補充すべきであり,通常,脱水の程度に応じて約2~4mL/kg/時の速度での輸液(維持輸液も含む)を必要とする。, 高血糖の補正には,レギュラーインスリン0.1単位/kgをまず静注でボーラス投与し,次に生理食塩水に混注して0.1単位/kg/時で持続静注する。インスリンは血清カリウム値が3.3mEq/L以上になるまで控えるべきである( 高浸透圧性高血糖状態(HHS) : 治療)。静注管に インスリンが吸収されることで作用にむらがでる恐れがあるが,これは静注管に インスリン液をあらかじめ流しておくことによって最小限に抑えられる。血糖値が最初の1時間で50~75mg/dL(2.8~4.2mmol/L)低下しなければ, インスリンの用量を2倍にすべきである。小児には,ボーラス投与を併用または非併用で0.1単位/kg/時以上の インスリン持続静注を行うべきである。, 十分量の インスリンが投与されれば,ケトン体は数時間以内に消失し始める。しかし,ケトン体のクリアランスは遅れることがあり,これはアシドーシスが消失するにつれてβ-ヒドロキシ酪酸がアセト酢酸(大半の病院の検査室で測定される「ケトン体」である)に変換されるためである。血清のpHおよび重炭酸濃度も迅速に改善するはずであるが,血清重炭酸濃度が正常値まで回復するには24時間かかる場合がある。初期の急速輸液を開始後約1時間が経過してもpHが7を下回っている場合,重炭酸投与によるpHの急速な是正が考慮されることもあるが,重炭酸は(主に小児の)急性脳浮腫の発症と関連づけられており,ルーチンに使用すべきではない。使用する場合は,50~100mEqを30~60分かけて投与することでpHのわずかな上昇を試みるべきであり(目標pHは約7.1),投与後は動脈血pHおよび血清カリウムを繰り返し測定すべきである。, 成人で血糖値が200mg/dL未満(11.1mmol/L未満)になったときには,5%ブドウ糖液を静脈内輸液に加えて低血糖のリスクを低減すべきである。それから インスリンを0.02~0.05単位/kg/時に減量するが,レギュラー インスリンの持続静注はアニオンギャップが減少し血液および尿のケトン体が持続的に陰性となるまでは継続すべきである。 インスリン補充はその後レギュラー インスリン5~10単位,4~6時間毎の皮下投与に切り替える。患者の状態が安定し食事ができるようになれば,典型的なsplit-mixed法またはbasal-bolus療法による インスリン投与レジメンを開始する。初回の インスリン皮下投与後も インスリン静注を1~4時間継続すべきである。小児では, インスリン皮下注射が開始されpHが7.3を上回るまで0.05単位/kg/時の インスリン静注を継続すべきである。, 低カリウム血症の予防では,血清カリウム値を4~5mEq/Lに維持するために静脈内輸液1Lにつき20~30mEqのカリウム補充が必要である。血清カリウム値が3.3mEq/L未満であれば, インスリンを中止して,血清カリウム値が3.3mEq/L以上になるまでカリウムを40mEq/時で投与すべきである;血清カリウム値が5mEq/Lを上回ればカリウムの補充を中止できる。, 初期は血清カリウム濃度が正常または上昇していることがあるが,これは細胞内貯蔵カリウムがアシデミアに反応して細胞外に移動したことを反映しており,糖尿病性ケトアシドーシス患者のほぼ全員が有する真のカリウム欠乏を隠蔽している。 インスリン補充により急速にKが細胞内に移動するため,治療の初期段階ではカリウム濃度を1~2時間毎に確認すべきである。, DKAの治療中には低リン血症がしばしば発生するが,大半の症例において,リンの補充に便益があるかは不明である。適応がある場合(例,横紋筋融解症,溶血,または神経機能の悪化がみられる場合)は,リン酸カリウム(リン1~2mmol/kg)を6~12時間かけて静注できる。リン酸カリウムを投与した場合,血清カルシウム濃度は通常低下するため,モニタリングすべきである。, 脳浮腫が疑われる際の治療は,過換気,コルチコステロイド,およびマンニトールであるが,こうした処置は呼吸停止発生後はしばしば無効である。. =�LqG�>�%�ђ��V��p|ʍ�nVw�%M���1N'u��q���%@�b� ��L�:��⒴�i���x �y�*i�ހ&��O� ^M���x�)�SP>�^ stream e�2���9^z�7��NP(CT�WJ�l&��~�b����[���V����Q���n�bo��+���Ag��d���U�����a��ꚔМq\_q|�+a{N��S��щ�Ӄ#�׸�e�^Z�?pC~����t%L0�Gf�����yw��YV��u#�ʔ$�l��r,ߦ�E�U��0Ta�$�a,dPt�#��9ܟ�X�C��#f��]����57��i��F�f�C^���Es����� �\[ �|`����6;�2�K� �����(��oO��K62�ۉ��(,��(@`G���Xս/�'~��R��1" 2�����uC���բG��5c���-K0�ߏvZF�y����!��T����RL����m�K�"��J��8;!�s*�?�#S-#ש�I�F��\�� �Yoe���3A�=노d��v���L��S9q_��6�,��W�u���i�dn�i���A5[�;9�.c�P�g,�SY"��b�`=Zn�sxW�G�n��Ba#cB� ���j�bi4�ePE��.P�NVTx ��W��KP��_T ���QO�z#9Ů�U����X��<. 糖尿病合併症による便秘や薬の副作用などの腹痛の場合も考えられますが、症状によっては急性のものや別の病気の可能性もあります。急性の場合は命の危険もありますので、自己判断で我慢せず、早めに受診してください。, アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。, 腹痛・便秘・腹部膨満・腹部不快感・低血糖症・吐き気・口内炎・お腹が張る・かゆみ・湿疹・発疹・皮膚炎・けん怠感など. <> 【医師監修・作成】「糖尿病ケトアシドーシス」インスリン不足により、高血糖をはじめとした検査値の異常と、意識障害のでるような状態|糖尿病ケトアシドーシスの症状・原因・治療などについての基礎情報を掲載しています。 << /Type /Page /Parent 3 0 R /Resources 18 0 R /Contents 16 0 R /MediaBox stream (),;�2�_�b���?yX�2/xJ"k8��r��l�a[� ��sY��D�Z��}4ͦ��Ϛ�����2�2@T��56�#���j)~�+j�Hf���5�������P��_��SQ�6� �O����kF�-���/�]�lYac��eK0�68j�D!A"�9 ,�i��*W^�v"sF֜j��f3ӽ@ �3i�����]� ���6����'� %PDF-1.5 糖尿病性ケトアシドーシス のマネジメント 亀田総合病院 総合内科 シニアレジデント:宮田 豊大 監修:佐田 竜一 Clinical Question 2017年5月15日 分野:内分泌 テーマ:治療. A. endobj ;�9��0�}q�r����]�`k���\%tT�%��A�tY1�0���f-�,W�X{{J endobj �E��+��7�$:��J7wC! 18 0 obj 5 0 obj endobj 17 0 obj a. ���%�k. var adstir_vars={ver:"4.0",app_id:"MEDIA-c48d7743",ad_spot:2,center:false}; 健康オタクの中年男性である管理人が書くブログです。健康や病気を考える上での参考として利用していただけると嬉しいです。. Diabetes Care 32: 1335–1343, 2009. '�� はっきりとした自覚症状が出る前から糖尿病ケトアシドーシス(以下dka)が忍び寄ってきます。症状が症状出るまでは一般に24時間以内と言われていますが、インスリンポンプの故障の場合は6~12時間と短いことがあります。初期症状と原因について、ご説明しましょう。 1563 糖尿病性ケトアシドーシスの症状には、吐き気、嘔吐、腹痛、特徴的な呼気のフルーツ臭などがあります。 血液検査でグルコース(ブドウ糖)、ケトン体、酸の値が高いことに基づいて糖尿病性ケトアシドーシスの診断が下されます。 endobj 糖尿病昏睡には高血糖が原因で起こる糖尿病ケトアシドーシスと高浸透圧高血糖症候群、低血糖による低血糖症があります。, ケトアシドーシスとはどういうものが、日本薬学会が提供している「薬学用語解説」には以下のように説明されています。, ケトン体の蓄積により体液のpHが酸性に傾いた状態。ケトン体(アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸)は脂肪の分解により肝臓で作られ、血液中に放出される。体内にケトン体が増加する状態をケトーシス(ケトン症; ketosis)といい、特にアセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸は比較的強い酸であるためケトアシドーシスとも呼ぶ。, 体液のpHが酸性に傾いた状態をアシドーシス(アルカリ性に傾いた場合はアルカローシス)といい、意識障害を引き起こす危険な状態です。そしてケトアシドーシスはケトン体の蓄積(ケトーシス:高ケトン血症)によりアシドーシスが起こった状態と説明されています。, しかし、宗田マタニティクリニックの院長である宗田哲男先生はこの考えが間違っていると主張しています。ケトアシドーシスはケトン体の増加(ケトーシス)が原因ではなく、高血糖とそれを抑えきれないインスリンの欠乏が原因としています。, また宗田先生は、胎児や新生児はケトーシスの状態であるということを発見・発表しています。これはケトーシスが体にとって危険な状態ではないことを示すばかりか、人間がブドウ糖ではなくケトン体で生きられることを示唆した重大な発表と言えるでしょう。, 糖尿病ケトアシドーシスは糖尿病によりアシドーシス(体液のpHが酸性に傾いた状態)が起こり昏睡に至る病気で、1型糖尿病患者の若年者に多くみられます。, 当サイトでは宗田先生の考えを採用し、上記したようにこの病気の原因はケトン体の増加ではなく、高血糖とインスリン欠乏が原因とします。, 糖尿病患者(特に1型)がインスリン注射をしなかったり感染などの影響でインスリンが効きにくくなることで高血糖が起こります。, またソフトドリンクケトーシスとしてソフトドリンク(清涼飲料水)を習慣的に飲み過ぎてショ糖を過剰摂取してしまう2型糖尿病(特にインスリン抵抗性の高い肥満の人)の人に多く起こるものもあります。, 口渇(喉の激しい渇き)、多飲、多尿、血圧低下、頻脈、倦怠感、悪心・嘔吐、体重減少、腹痛などが起こります。, インスリン抵抗性に伴うインスリン作用不足とインスリン拮抗ホルモン(血糖を上昇させるグルカゴン等のホルモン)の亢進(作用が過剰になる)により起こる病気です。 Ln�d������/�����Wܼ~����:n؛7��x��߼|����o��V�� l�՝��TG�|��}�_�|��-g�'�K_��V�_���l���/l��M�)�;}�؟��ɳ�����L���pD�7�3��Bw�'ov�cg�B��nӝ�Ρ�H�I�)�����<>�$��N����L7�n´� |t:1�w�鍲�cax��N�p���?p����7O�5H˸T�>3������I�v�s�3;����o��ʍDV�D�G‰d|:�ˉ�u��杼�)� ���{zeߺj �s1���(i:����̛'P8a{!�V�n���Aa����{P�9 <>>> 糖尿病合併症による便秘や薬の副作用などの腹痛の場合も考えられますが、症状によっては急性のものや別の病気の可能性もあります。急性の場合は命の危険もありますので、自己判断で我慢せず、早めに受診してください。, 本気で血糖値を下げたい方へ 3つの特許成分を配合したサプリ >>今なら7日間分のお試しが無料!, 糖尿病と腹痛は、さまざまな要因があって関係する場合があります。 すべてが腹痛になるわけではありませんが、急性合併症や糖尿病神経障害、薬の副作用なども考えられます。 急性合併症や病気で、緊急の処置が必要な場合もありますので、不調を感じたら早めに医療機関で相談してください。, ここでは、糖尿病と関係している腹痛や別の病気から糖尿病になりやすくなるもの、緊急の処置が必要な急性合併症などについて解説しています。 気になる症状があったら、参考にしてみてください。, 糖尿病の三大合併症のひとつに「神経障害」があります。 神経障害は、全身に張り巡る「末梢神経」の神経細胞にソルビトールという物質が溜まっていき、酷くなると神経が破壊されていく障害です。 神経障害には、以下の3つの神経へ異常が表れることがあります。, ・感覚神経(手足のしびれ・痛み) ・自律神経(無自覚に体の機能を動かす) ・運動神経(手や足、顔などの筋肉を動かす), 糖尿病の方は、便秘や下痢になりがちといわれています。 胃や胆のうの機能低下に加え、自律神経障害を起こし、腸の蠕動(ぜんどう)運動がきちんとできないために、食べたものが移動せず、便秘・下痢になりやすくなるのです。 とくに下痢は、長期間血糖コントロールがうまくできていない人に多くみられます。, 糖尿病神経障害による下痢は特徴的です。腹痛を感じることなく、水のような下痢が急激に出てしまい、トイレに行くまでに間に合わないということもしばしば。 腹痛がないというのは、腸の動きや不快感を感じる神経が弱っているためです。 「糖尿病性下痢」といわれ、下痢止めではあまり治まることがないため、強力な薬が必要になります。, 下痢になると食事が摂りにくくなる場合もあり、余計に血糖コントロールのバランスも乱れがちに。 低血糖の発作も起こしやすくなるため、少しでも炭水化物を摂り、こまめに水分を摂るようにしてください。, 胆のうに石ができ、胆汁の出口や胆官で石が詰まると「身をよじるような」と表現される、激しい腹痛がでます。 糖尿病や肥満、高脂血症などさまざまな原因があるといわれていますが、男性に比べて女性が多く、閉経後の女性ホルモンの減少により脂肪が分解されにくくなるためとも考えられています。 また、糖尿病では自律神経の働きが低下し、胆汁の流れが滞りやすいため胆のう炎を起こしやすくなるのです。, 【症状】 食事を摂った後起こりやすく、とくに脂っこい食べ物に症状が表れやすいとされています。 食後30分~2時間程で、症状が落ち着いてくるのも特徴です。, ・痛みの場所…右脇腹やみぞおち、背中、右肩 ・症状…腹痛、お腹の張り、吐き気、嘔吐、発熱、食後の胃もたれ、便秘, 細菌に感染すると「急性胆のう炎」となり腹痛が続き、高熱、敗血症などを起こします。 そして、胆汁に感染すると「急性閉塞性化膿性胆管炎」となり高熱、ふるえ、血圧低下などになり、治療をしても命の危険もあるとされています。, 無自覚で胆石が進行するケースも多く、健康診断で発見されることが多い病気です。 便秘や胃もたれ(食後)にもサインが出ている可能性があるため、簡単なエコー検査で調べてみるとよいでしょう。, 腹痛には、糖尿病で処方される薬の副作用の可能性もあります。 副作用は、必ずなるものではありませんが、その症状が起こると確認されているものですので、薬のリスクについても知っておくとよいでしょう。, 麻痺性イレウスは「α-グルコシダーゼ阻害薬」でみられることのある副作用です。 腸の動きが弱くなり、著しい便秘を起こしやすくなります。 糖尿病により腸の蠕動運動が低下している場合、より副作用の症状が起こりやすいとされています。, お腹の張り感や酷い便秘、腹痛、吐き気などがある時は、主治医や薬剤師に相談しましょう。, 尿病と膵炎(すいえん)は、腹痛に関係があります。 どのような痛みが出るのでしょうか?, まず、膵臓はインスリンを分泌するための母体となる臓器で、膵炎を起こすと腹痛や背中の痛み、お腹の上部を押すと痛い、倦怠感などの症状が出ます。, 「急性膵炎」を起こすと痛みは強く、それが慢性化すると「慢性膵炎」になり、頻繁に腹痛を起こすようになるのです。 ですが、慢性膵炎になると、腹痛の痛みは急性膵炎に比べて弱くなりますが、繰り返す炎症によって次の順番で膵臓は機能しなくなっていきます。, 1.代償期…急性膵炎。膵臓の働きはまだあり、膵液が分泌されるが腹痛を繰り返す 2.移行期…膵臓の働きが悪くなり腹痛の痛みは軽くなる 3.慢性膵炎…膵臓の機能はほぼ失われ、腹痛も軽くなる(腹痛がなくなる場合もある), 膵臓には食べ物を消化するための液体がありますが、膵臓自体を溶かし炎症を繰り返すことで以下のように膵臓が破壊されてしまう病気です。, 【慢性膵炎】 ・膵臓の細胞が破壊される(腺房細胞、ランゲンハンス島) ・線維化(硬くなる) ・膵石ができるようになる(膵臓の中にできる), 膵臓が機能しなくなると、インスリンの分泌がなくなるため、結果的に「糖尿病」になりやすくなります。, ・急性膵炎…アルコール、胆石 ・慢性膵炎…男性はアルコール、女性は原因不明(突発的に起こる), また、腹痛が全く感じられないまま慢性膵炎になることもあり、その場合は糖尿病の発覚時にわかるケースもあるのです。, 糖尿病は胆石になりやすいといわれていますので、急性膵炎の予防のため、胆石をつくらないように、脂っこい食事や食べ過ぎを控えましょう。 また、食事を抜くのも胆汁が濃くなり結晶化しやすくなるので、正しい食生活を心掛けていくのも必要です。, 糖尿病ケトアシドーシスは、急性の合併症で緊急に対応しなければ命を落とす危険があります。 その糖尿病ケトアシドーシスの症状にも腹痛がありますので、起こりやすい症状を確認してみてください。, 糖尿病ケトアシドーシスは、インスリンが出ない、または作用不足で血中のブドウ糖が高濃度になり、高浸透圧により体液を血中に引き込んでしまうため、脱水状態になります。, さらに、ブドウ糖を筋肉や肝臓にエネルギーとして取り入れられなくなるため、代わりの栄養源として脂肪を分解してエネルギーに変え始めます。, その時にできる、酸性の物質「ケトン体」が、血液中にあふれて体内が酸性に傾き、最終的には脳の機能が停止し死に至る危険な急性合併症なのです。, とくに1型糖尿病は突然に発症するため、糖尿病ケトアシドーシスになりやすくなります。 初期症状である、多飲や多尿、腹痛の時点で検査・処置できれば命に別状はありませんが、昏睡になるととても危険です。, こちらは糖尿病ではありませんが、ケトン体が血中に多くなってしまう、自家中毒「ケトン血性嘔吐症」という症状は腹痛を伴います。 2歳~10歳(とくに6歳頃が多いとされる)の子供に起こりやすいとされています。, 症状の発症が早く、以下の症状が表れます。 ・元気がない ・食欲不振 ・気持ち悪さ ・激しい嘔吐(突然吐いて、吐き続けて胃液・胆汁も吐く(コーヒー色)) ・腹痛 ・頭痛 ・脱力感 ・全身倦怠, 重症になると、血性の嘔吐物になる場合もあります。 また、時々低血糖が進んで悪化すると、起床時に冷や汗をかいたり、急に力が抜けて倒れたり(脱力発作)、意識障害を起こすため、「てんかん」と間違うこともあります。, 自家中毒(ケトン血性嘔吐症)は、血中のブドウ糖を上手くエネルギーにできない時や、血中に不足してしまった時、脂肪を分解してエネルギーに変えるようになるため、ケトン体が血中に増えてしまった状態です。 早めに医療機関で受診してください。, 主に痩せ型の男児にやや多く、自律神経や情緒不安定になった時、ストレスを受けた時、寝てしまって食事を抜いた翌朝などに起こりやすくなります。, ストレスは肉体的や精神的なものがあり、以下のようなものがあります。 ・叱られた時 ・よく遊んだ時 ・遠足、発表会 ・風邪, 自己判断での治療は禁物ですが、受診後の対応として安静にし、温めることが必要です。 情緒不安定を落ち着かせて、水分と糖分を摂取するよう努めてください。 嘔吐が激しい場合や食欲がない場合は、無理に食べさせず、糖分を含んだ水分補給をしましょう。シャーベットやアイスクリームなども適しています。 まったく受け付けられない場合は、点滴の対処が必要です。, 小児の心身症のひとつといわれており、性格的には以下のような傾向がある子供に多いとされています。, ・痩せ型男児 ・自律神経、情緒不安定 ・神経質 ・第一子 ・一人っ子 ・末っ子 ・内気で感受性が強い ・短気を起こしやすい ・引っ込み思案だけど頑固, 自家中毒を発症時には、精神的に安心してしっかり休ませることが大切。 水分と糖分の補給、心の安定に努めましょう。, 糖尿病はそのままにしておくと、神経障害の合併症を起こしやすくなる、胃腸や膵臓・胆のうなどの臓器も働きが悪くなるなど、さまざまな悪影響を及ぼす病気です。 その病状の進行により、腹痛も引き起こすことにもなります。, なぜ、起こしやすくなるのでしょうか? その根本的な原因は、インスリンの分泌が正常に行われず、血液の糖分が高く粘度があるため、血の流れが滞りやすくなってしまうからです。, ですが、すべての糖尿病の方が、合併症などの症状になるわけではありません。 血液の状態を上手く調整していけば、健康を維持していくことは可能です。, 健康を維持していくには、血糖値を正常値に近づけるのはもちろん、最近では「インスリンの濃度」にも注目されるようになりました。 その内容は、インスリン注射や薬で高くなったインスリン濃度では、血糖値を下げていても合併症が起こりやすいと提唱されています。, 「低インスリン状態」であれば合併症が起こりにくいと考えられており、糖質制限や正しい生活習慣で改善するといわれています。 ただ、自己流の糖質制限では極端になりすぎてしまう場合や、筋力低下や体調が悪化するリスクもあるので、必ず指導の元で行うようにしましょう。, 今、インスリンや薬を服用している方も、食事や運動によって血糖値を理想的な状態に近づければ、インスリンや薬を使う必要がなくなる可能性もあります。 血糖コントロールのサポートになる食材・成分などを把握し、正しい糖質制限を生活に取り入れ少しでも良い状態へ近づけていくことが、健康を維持していく秘訣となるでしょう。, 糖尿病と腹痛ひとつ見ても、さまざまな臓器との関連があり、時には深刻な事態になっている場合もあります。 また、薬の副作用も軽く見てはいけません。長期使用によって表れる人もいれば、短期間でも出る人もいるのです。 ちょっとでも体に不調が出たら、あまり長く様子を見ず、早めに受診して悪化する前に対処しましょう。.

バック トゥザフューチャー ドク 3 17, ソウルシルバー ギャラドス 技 21, ラプラス 色違い Usum 7, 妖怪ウォッチ 元祖 本家 真打 どれがいい 11, ハレルヤ ヘンデル 感想 4, ポケモンマスターズ ポテンシャル 一覧 11, 気配 をうかがう 意味 15, アルインコ エアロバイク カタカタ 音 25, 長谷寺 十一面観音 ご利益 6, スズキ ドライブレコーダー Ca68 29, 鬼滅の刃 偽物 フィギュア 8, Gta5 スーパーカー おすすめ 17, Csi マイアミ メーガンマークル 24, Fgo モーション変更 エウリュアレ 4, ニッシー 有村架純 いつ恋 7, 飛鳥未来高校 名古屋 学費 4, 台湾 関税 食品 5, パラサイトシングル 気持ち 悪い 43, 日テレ 中途採用 倍率 4, サクラダ リセット 大コケ 8, 古舘伊知郎 実況 集 6, Ark 表示 消えた 39, 福浦 2000 なんj 5, うたわれるもの 偽りの仮面 Pc Rar 6, ヤクルト 中山翔太 怪我 32,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *