源 義仲 系図 6

ID: 09DI/5nEL1, 2019/01/12(土) 00:31:26 !」, 病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる, 伸びた髪を切る時の「圧倒的な断捨離感」が人のために!? 歴史ライター、商業コピーライター 源 義国(みなもと の よしくに)は、平安時代後期の河内源氏の武将。源義家の四男[1]。新田・足利両氏の祖にあたる。足利尊氏と新田義貞は雲孫に当たる。, 源頼信-頼義-義家と伝領した摂関家領上野国八幡荘を相続した[2]。長兄義宗が早世し、次兄義親が西国で反乱を起こすと、三兄の義忠と共に次期「源氏の棟梁」としての期待を受けた。しかし、乱暴狼藉を行ったことや、時代の趨勢に合わないと義家に判断されて後継者から外されていった。, 叔父義光との抗争(常陸合戦)には敗れ、常陸国は従子でもある佐竹氏の初代当主である佐竹昌義(義光の孫)に譲ることになったが、足利荘を成立させるなど、下野国に着実に勢力を築いていった。晩年にも勅勘を被るなど、気性の荒さは改まらず、荒加賀入道と言われた。, 義国の生年、没年は諸説があって定かではない。通説では、寛治5年(1091年)生まれ、仁平4年(1154年)出家、久寿2年(1155年)6月26日に死去となっている(尊卑分脈)[3]。, 末裔には山名氏、里見氏、桃井氏、石塔氏、吉良氏、今川氏、細川氏、畠山氏(源姓)、斯波氏、一色氏、世良田氏、戸崎氏、岩松氏、最上氏などがある, 久保田順一『中世武士選書18 新田義重 北関東の治承・寿永内乱』戎光祥出版 2013年11月1日, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=源義国&oldid=77345148. タグ. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 関連記事 >>>> 「木曽義仲とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」. ©Copyright2020 日本の歴史を分かりやすく解説! 平安末期・鎌倉初期の武将。義賢の二男。父が源義平に殺され、乳母の夫中原兼遠によって木曾山中で成長したので、木曾義仲とも呼ばれた。以仁王. ID: ZtFFCEQyC2, 2020/02/15(土) 19:20:28 ID: BZvDGKmLO4, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E4%BB%B2, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『先生を消す方程式。』“義澤”田中圭、“筋トレ”シーンにネット歓喜「良い筋肉! ID: F3SO8W/aaJ, 2019/04/19(金) 01:18:11 ID: 69j0z7tWYg, 2018/05/02(水) 22:03:11 1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 タグ. ID: pdzGvDfKVp, 2018/08/24(金) 17:15:19 源義仲(木曽義仲)の人生は、人生は波乱に満ちていました。 1154年。 源義賢の息子として誕生。 生まれた翌年に、父である義賢が大蔵合戦で敗死し、信濃(現在の長野県)の中原兼遠に保護され、信濃の木曽谷の木曽山下で成長します。 義仲が27歳の1180年に、以仁王の令旨が下されます。 ここから始まる動乱に身を投じた義仲は、源頼朝、平氏と全国を三分する大人物となっていきます。 源 義国(みなもと の よしくに)は、平安時代後期の河内源氏の武将。 源義家の四男 。 新田・足利両氏の祖にあたる。 足利尊氏と新田義貞は雲孫に当たる。 源満快 満国: 行頼: 頼季 為満: 景行: 行広 為公 為衡: 為扶 [信濃村上氏] 為邦 [依田氏] 依田為実 [片切氏] 為基: 為氏 為貞: 公家: 公扶: 国高: 実信: 為行: 為広 中津頼継: 伊那快実: 林快次 [夏目氏] 夏目國忠: 信行: 飯沼行俊: 片切為重: 行心: 飯島為綱: 片切景重: 大島宗綱 手塚信澄: � ID: S2ftME0CVg, 2018/06/28(木) 21:50:16 木曽義仲が琵琶湖のほとりで討ち死にした後、義仲の近親者たちにも命の危険が及ぶようになります。, 記録は明確ではありませんが、義仲には4人の息子たちと1人の娘がいたとされています。, 源頼朝によって追放された叔父たちを庇護したことが原因で、頼朝と険悪な仲になった義仲は、その和解策として息子の義高(よしたか)を人質とし頼朝に差し出していました。, かつて父義朝が平治の乱に負け、伊豆で流人生活していた源頼朝は、それでも命があったからこそ打倒平氏のために挙兵することができたことをよく分かっていました。, だからこそ、義仲が粟津の戦いで討ち死にした後、頼朝は成長してからの義高の復讐を恐れ、彼の殺害を決めます。, 一説には、頼朝が12歳の罪のない少年をただ殺すのは気が咎めるため、わざと義高の暗殺計画をリークし、彼が逃げ出したところで「頼朝への謀反の疑いがある」という理由で殺そうとしたとのことです。, 義高の身代わりは側近の海野幸氏(うんのゆきうじ)が務め、女装した義高の鎌倉脱出はその日の晩にはばれてしまいました。, 激昂した頼朝は、義高追討の命をだし、入間川(いるまがわ)で義高を討ち取ると、家臣が首だけを鎌倉に持って帰りました。, 彼女の母・北条政子は「討ち取った者の配慮が足りないからこうなった!」と頼朝に迫り、義高を殺害した武士をさらし首にします。, 大姫は頼朝が持ってくる別の縁談を断り続け、義高への供養や祈祷の甲斐なく、10年も床に伏せたあげくに20歳で亡くなりました。, 政権確立を目指すあまり、源頼朝は敵の命だけでなく、我が子の命さえ奪ってしまったのです。, 次男・義重(よししげ)、三男・義基(よしもと)、四男・義宗(よしむね)そして娘の鞠子(まりこ)がいたと言われています。, 義仲が栗津ケ原(大津市)で討死した時、義仲の右筆(ゆうひつ/秘書)だった覚明が義重と武士36名と一緒に広島の向島に隠れて再興を目指しました。, 覚明は、約20年後に長野に帰りました。義重と36名の武士はそのまま向島で生活して子孫が残っているとも、のちに義重が信濃に戻り、仁科氏の祖となったとも言われています。, 移転を繰り返した長称寺ですが、今でも寺宝として義仲の太刀、義基の懐刀などが残っています。, 紆余曲折ありながらも、子孫には伊予松山藩主の右筆やのち関ヶ原の合戦での功績で幕府旗本、尾張藩重臣として活躍する者がいました。, 別の伝承では、義仲の遺児である「細野四郎」という者が頼朝を討とうと試みたことがあり、結局頼朝は細野四郎を許して、湯本の姓を与え、群馬北部の地頭に任命したと言われています。, 上野国の沼田氏となったとも、そののち木曽に戻って木曽氏となったともいわれますが、いずれも明確ではありません。, 義仲と正室である藤原伊子の間にあった一女だと言われていますが、詳細は分かっていません。, 木曽家の初代当主だと言われる義仲の三男義基から義重・基家と続き、その後沼田姓と木曽姓に分れていったようです。, 伝承によれば南北朝時代には足利尊氏の北朝方として木曽氏が活躍し、その後江戸時代まで家系は続きました。, 江戸時代には失明しながらも鍼術で名声を得た幕府奥医師(将軍とその家族の意思)の葦原義長(葦原検校)がその血を継いでいると言われます。, 江戸幕府が無くなった後も、養子を取りながらも木曽氏は続き、現在も群馬県渋川市に子孫がいます。, その他にも、木曽氏を名乗る一族はありますが、木曽義仲に続く血筋であるかどうかは明確ではありません。, ① 義仲の嫡男義高は源頼朝の手の者に殺害され、その哀しみで婚約者の大姫も亡くなった, ③ 2男は信濃で仁科氏になり、4男義宗は沼田氏、木曽氏になった可能性があるが、義仲に直接繋がる子孫の存在として明確ではない, チャンスがあれば本来の素性を捨ててでも源氏を表明して立場を有利にしようとした者たちは多かったのです。, いずれにしても、敗死した武将の子孫は、各地に子孫が散らばっている可能性はあるものの、残念ながらそれを辿ることは非常に困難です。, 木曽義仲の年表を含む「完全版まとめ」記事はこちらをどうぞ。 『オヤジが美少女になってた話』作者がヘアドネーション体験マンガを発表. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 平安後期の武将。通称を木曽冠者(きそかんじゃ)、木曽義仲という。清和(せいわ)源氏の嫡流源為義(ためよし)の次子義賢(よしかた)の次男として1154年(久寿1)東国に生まれた。『尊卑分脈(そんぴぶんみゃく)』によれば母は遊女。翌年、義賢は兄義朝(よしとも)の長子義平(よしひら)に武蔵(むさし)国比企(ひき)郡の大倉(おおくら)館に襲われて討ち死にし、義仲は孤児となったが、斎藤別当実盛(べっとうさねもり)らの計らいで義仲の乳母(めのと)の夫である信濃(しなの)の土豪中原兼遠(かねとお)にかくまわれた。木曽の山中で成人した義仲は、27歳の80年(治承4)以仁(もちひと)王の令旨(りょうじ)を受け、源頼朝(よりとも)の約1か月のち平氏討伐の旗を木曽谷にあげた。年内に信濃を手中にして亡父の故地上野(こうずけ)まで進出、翌81年(養和1)平氏側の越後(えちご)の城助茂(じょうすけもち)の大軍を千曲(ちくま)川の横田河原で壊滅し、越後を勢力圏に入れた。その後、東国を支配下に置いた頼朝と対立したが、83年(寿永2)3月長子義高(よしたか)を鎌倉に送って頼朝と和睦(わぼく)、5月に北陸道を進攻してきた平維盛(これもり)らの大軍を加賀・越中境の倶利伽羅(くりから)峠に夜襲をかけて大破し、続く安宅(あたか)・篠原(しのはら)の戦いにも連勝、北陸を支配下に収め、7月には比叡(ひえい)山を味方に引き入れて、ついに平氏一門を都落ちさせ、念願の上洛(じょうらく)を果たした。後白河(ごしらかわ)法皇はただちに義仲を無位無冠から従(じゅ)五位下左馬頭(さまのかみ)兼越後守(えちごのかみ)ついで伊予守に任じたが、上洛軍の軍紀の乱れと、彼の公家(くげ)社会への無知や有能な顧問がいなかったことからくる政治力の欠如によって、入京後の義仲の評価は下がり、頼朝の上洛を望む空気が院中に強まった。西下した平氏を追討する戦いも10月に備中水島(びっちゅうみずしま)で敗れ、帰洛してから院の反義仲色は露骨となり、ついに義仲はクーデターで院の近臣を追放して独裁権を握り、84年(元暦1)正月に従四位下征夷(せいい)大将軍となり「旭(あさひ)将軍」と称された。しかしそれもつかのまで、前年末に頼朝の代官として鎌倉を進発していた源範頼(のりより)・義経(よしつね)の軍に敗れ、1月20日北陸道へ落ちる途中、琵琶湖畔の粟津(あわづ)で31歳で討ち死にした。, 東国のように源氏の地盤でない木曽谷で兵をあげ、小武士団からなる北陸を勢力圏としていたにもかかわらず、全盛を誇っていた平氏政権をわずか3年足らずで打倒した武略は、義仲が第一流の武将であったことを示す。しかし乳兄弟の今井兼平(かねひら)・樋口兼光(ひぐちかねみつ)のような勇武な部将はいたが、大夫房覚明(たゆうぼうかくみょう)以外に有能な政治顧問のいなかったのが致命的弱点であった。その覚明も入京後は義仲から離れ、信州武士の習いを公家社会で通そうとしたのみならず、安徳(あんとく)天皇西下後の皇位継承に、以仁王の皇子北陸宮(ほくろくのみや)を強引に推したのが、公家を決定的に反義仲に追いやった。情に厚い武将であったが、武士社会のなかに強い地盤を築く余裕もなく没落していかざるをえなかったのである。, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …平安時代には立山が霊山として信仰され多くの参詣者がここを訪れた。【鎌田 元一】【中世】[鎌倉時代] 1180年(治承4)信濃に挙兵した源義仲が翌年平氏方の越後の城氏を破ると,宮崎党や石黒党など越中の有力武士団は義仲に味方するようになった。義仲はこれら在地武士に対して本領安堵策をとり,その支援をえて83年(寿永2)5月俱利伽羅峠の戦で平氏軍を破り,一挙に上洛した。…, …のち平家に属し,富士川の戦(1180)では東国の案内者として平氏軍に加わって東下したといわれる。1183年源義仲追討のため北陸に下ったが,加賀篠原で手塚光盛に討たれた。享年50余歳とも60余歳とも,また70余歳ともいう。…, …おりからの凶作と飢饉は西日本にひどく,81年(養和1)閏2月総帥清盛を失った平氏一門の戦意は衰えるばかりだった。 一方,北陸道方面では,信濃国に挙兵した源義仲がたちまち同方面を制圧し,81年秋には越前で平氏軍とにらみ合う状況を示していた。翌年は全国的に戦線が停滞したが,83年(寿永2)5月平維盛軍を加越国境の砺波(となみ)山で撃破(俱利伽羅峠の戦)した義仲軍は,7月末入京し,宗盛以下平氏一門は幼少の安徳天皇,三種神器を奉じて西海に落ちた。…, … 平安末期には,源平争乱の中で征夷大将軍の称が復活し,しかも従来とは違った意味をもつようになった。平氏を破って上洛した源義仲は後白河法皇と対立,法皇を幽閉し,その院政を停めて政治を独裁したが,その中で1184年(元暦1)征夷大将軍に任じられた。これは義仲が源頼朝と対立し,頼朝を討つため東国における追討権を得たもので,蝦夷征討とは関係なく,むしろ忠文の征東大将軍に通ずる性格をもっている(このとき義仲は征夷大将軍でなく,征東大将軍に任じられたとする説もある)。…, …駒ヶ岳北西麓に発して木曾川に注ぐ正沢川の下流には木曾駒高原が広がり,ゴルフ場,スケート場,別荘地などがあり,観光開発が進められている。村名の日義は朝日将軍源義仲にちなむもので,義仲が旗揚げしたところといわれる旗上八幡宮や菩提寺の徳音寺,義仲の資料を展示した義仲館などがある。中央本線,国道19号線が通じる。…, …同年5月に挙兵した以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を諸国源氏に伝え,挙兵を促したといわれる。源頼朝にいれられず,源義仲と結んで83年(寿永2)平氏西走後の京都に入り,従五位下備後守に任叙され,数日後備前守に遷任した。この際,勲功賞が義仲の従五位上左馬頭(さまのかみ)兼越後守に劣るとして忿怒し,閉門辞退したと《玉葉》に記されている。…. 明石 白(@akashihaku)Twitter https://twitter.com/akashihaku. ID: 5CHnDX4VXM, 2019/04/19(金) 01:04:45 源義仲 / 木曽義仲(1154~1184)とは、平安時代末期に活躍した武将である。, 1155年8月、大蔵合戦で父・源義賢がその兄・源義朝の息子である源義平に討たれた時にはまだ二歳であり、斎藤実盛の計らいで信濃国木曽の豪族、中原兼遠のもとに逃れ養育された。ここからしばらくは彼の足跡をたどることは難しい一方、兄の源仲家は八条院と結びついた軍事貴族として源頼政の養子となっており、以仁王の挙兵でその最期を共にしている。, そして彼が再び歴史の表舞台にたつのは1180年9月である。信濃国市原で平家方の笠原頼直を破り、そのまま信濃に勢力を築く。さらに10月には上野国へ進出し先代の郎党を確保したものの、源頼朝との衝突を避けいったん引き上げている。そして、1181年6月には甲斐源氏・信濃源氏と協力して越後から遠征してきた城助職(城長茂)を横田河原の戦いで破り、大勝をおさめたのである。, その後源義仲は城氏を追って北陸道に進出。しかしその一方で頼朝と対立した、叔父である志田義広、新宮行家を抱え込み従兄弟の源頼朝と一触即発の事態に陥っていた。しかしこの件に関しては嫡子・清水義高を頼朝の長女・大姫と婚姻させることで和睦を結び、後顧の憂いをなくした義仲はより一層北陸道を制圧していった。, そして起きたのが1183年5月の越中での倶利伽羅峠の戦い、加賀での篠原の戦いでの大勝利であり、命の恩人である斎藤実盛を討ち取ってしまったものの、平家の前線指揮官クラスを多数討ち取ることに成功したのである。そして1183年7月に安田義定や多田行綱といった軍事貴族の支援を得て、一気に入京。平家の都落ちを実現し、後白河院からは平家追討・洛中警護を任じられ、伊予守になった。, しかしこのような混成軍の統率は困難を極め、さらに八条院派として以仁王子息・北陸宮を天皇位に即位させようとする強引さは八条院本人からも距離を置かれ、おまけに中央政権を担うノウハウのなかった彼は次第に孤立することとなった。, そして起きてしまったのが1183年閏10月の水島の戦いでの大敗である。足利義兼の兄である矢田義清、古参の郎党であった海野幸広といった譜代の主力家臣を失ってしまった彼は、ついに11月に法住寺合戦で後白河院を襲撃。軍事力に欠けた後白河院を幽閉し、院御厩別当となり、摂関を平家ににらまれ逼塞していた松殿基房の息子・松殿師家に任じ、自らを征東大将軍に任じさせた。, しかしもはや源頼朝との対決は避けられない段階まで来ており、1184年正月に源範頼、源義経両軍に敗走。今井兼平に自害を勧められるも、深田に入って馬が動けなくなった隙を石田為久に討ち取られて亡くなった。こうして一時は第三勢力として重要な役割を担った源義仲軍はあっけなく壊滅したのであった。, この後、彼の子である清水義高も誅殺されたはずなのだが、信濃の豪族である木曽氏は彼の子孫を名乗っている。, 2018/03/04(日) 21:09:04 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 木曽義仲と源頼朝・源義経たちの生き方 about ... 水野勝成 2020.11.6 破天荒武将 水野勝成の家系図・子孫・家紋が語る華麗な事実 【麒麟がくる】感想・あらすじまとめ 2020.11.2 麒麟がくる第三十回「朝倉義景を討て|幕臣光秀が信長軍に参加? 気になる人物をここから検索. 幼名は駒王丸。通称木曽冠者、または朝日 将軍。 源義賢の次男で母は遊女とされる。. 木曽義仲は小見「麻績」の戦い合田の戦いに勝利し同年9月7日、義仲は兵を率いて北信の源氏方救援に向かい(市原合戦)、そのまま父の旧領である多胡郡のある上野国へと向かう。2ヵ月後に信濃国に戻り、小県郡依田城にて挙兵する。上野から信濃に戻ったのは、頼朝あるいは 30日に開かれた公卿議定において、勲功の第一が頼朝、第二が義仲、第三が行家という順位が確認され、それぞれに位階と任国が与えられることになった[3]。同時に京中の狼藉の取り締まりが義仲に委ねられることになる。義仲は入京した同盟軍の武将を周辺に配置して、自らは中心地である九重(左京)の守護を担当した[4]。, 8月10日に勧賞の除目が行われ、義仲は従五位下・左馬頭・越後守、行家は従五位下・備後守に任ぜられる[5]。16日になると、義仲は伊予守、行家は備前守に遷った。『平家物語』ではここで義仲が朝日の将軍という称号を得て、義仲と行家が任国を嫌ったので義仲が源氏総領家にゆかりのある伊予守に、行家が備前守に遷ったとしているが、義仲と差があるとして不満を示したのは行家のみで、義仲が忌避した記録は見られない[6]。, 後白河法皇は天皇・神器の返還を平氏に求めたが、交渉は不調に終わった[7]。やむを得ず、都に残っている高倉上皇の二人の皇子、三之宮(惟明親王)か四之宮(尊成親王、後の後鳥羽天皇)のいずれかを擁立することに決める。ところがこの際に義仲は今度の大功は自らが推戴してきた北陸宮の力であり、また平氏の悪政がなければ以仁王が即位していたはずなので以仁王の系統こそが正統な皇統として、北陸宮を即位させるよう比叡山の俊堯を介して朝廷に申し立てた。, しかし天皇の皇子が二人もいるのに、それを無視して王の子にすぎない北陸宮を即位させるという皇統を無視した提案を朝廷側が受け入れるはずもなかった。摂政・九条兼実が「王者の沙汰に至りては、人臣の最にあらず」[8]と言うように、武士などの「皇族・貴族にあらざる人」が皇位継承問題に介入してくること自体が、皇族・貴族にとって不快であった。朝廷では義仲を制するための御占が数度行なわれた末、8月20日に四之宮が践祚した。兄であるはずの三之宮が退けられたのは、法皇の寵妃・丹後局の夢想が大きく作用したという[9]。, いずれにしても北陸宮推挙の一件は、伝統や格式を重んじる法皇や公卿達から、宮中の政治・文化・歴史への知識や教養がない「粗野な人物」として疎まれる契機となるに十分だった。山村に育った義仲は、半ば貴族化した平氏一門や幼少期を京都で過ごした頼朝とは違い、そうした世界に触れる機会が存在しなかったのである。, また義仲は京都の治安回復にも期日を要した。養和の飢饉で食糧事情が極端に悪化していた京都に、遠征で疲れ切った武士達の大軍が居座ったために、遠征軍による都や周辺での略奪行為が横行する。9月になると「凡そ近日の天下武士の外、一日存命の計略無し。仍つて上下多く片山田舎等に逃げ去ると云々。四方皆塞がり、畿内近辺の人領、併しながら刈り取られ了んぬ。段歩残らず。又京中の片山及び神社仏寺、人屋在家、悉く以て追捕す。その外適々不慮の前途を遂ぐる所の庄上の運上物、多少を論ぜず、貴賤を嫌わず、皆以て奪ひ取り了んぬ」[10]という有様で、治安は悪化の一途を辿った。京中守護軍は義仲の部下ではなく、行家や安田義定、近江源氏・美濃源氏・摂津源氏などの混成軍であり、義仲が全体の統制が出来る状態になかった。, 『平家物語』には狼藉停止の命令に対して、「都の守護に任じる者が馬の一疋を飼って乗らないはずがない。青田を刈って馬草にすることをいちいち咎めることもあるまい。兵粮米が無ければ、若い者が片隅で徴発することのどこが悪いのだ。大臣家や宮の御所に押し入ったわけではないぞ」と義仲の開き直りとも取れる発言が記されている。, 後白河法皇は19日に義仲を呼び出し、「天下静ならず。又平氏放逸、毎事不便なり」[11]と責めた。立場の悪化を自覚した義仲はすぐに平氏追討に向かうことを奏上し、法皇は自ら剣を与え出陣させた。義仲は、失った信用の回復や兵糧の確保のために、戦果を挙げなければならなかった。義仲は腹心の樋口兼光を京都に残して播磨国へ下向した。, 義仲の出陣と入れ替わるように、朝廷に頼朝の申状が届く。内容は「平家横領の神社仏寺領の本社への返還」「平家横領の院宮諸家領の本主への返還」「降伏者は斬罪にしない」と言うもので、「一々の申状、義仲等に斉しからず」[12]と朝廷を大いに喜ばせるものであった。10月9日、法皇は頼朝を本位に復して赦免、14日には寿永二年十月宣旨を下して、東海・東山両道諸国の事実上の支配権を与える[13]。, 義仲は、西国で苦戦を続けていた。閏10月1日の水島の戦いでは平氏軍に惨敗し、有力武将の矢田義清・海野幸広を失う。戦線が膠着状態となる中で義仲の耳に飛び込んできたのは、頼朝の弟が大将軍となり数万の兵を率いて上洛するという情報だった[14][注釈 7]。驚いた義仲は平氏との戦いを切り上げて、15日に少数の軍勢で帰京する。20日、義仲は君を怨み奉る事二ヶ条として、頼朝の上洛を促したこと、頼朝に宣旨を下したことを挙げ、「生涯の遺恨」であると後白河院に激烈な抗議をした[15]。義仲は、頼朝追討の宣旨ないし御教書の発給[16]、志田義広の平氏追討使への起用を要求する。, 義仲の敵はすでに平氏ではなく頼朝に変わっていた。19日の源氏一族の会合では法皇を奉じて関東に出陣するという案を出し[17]、26日には興福寺の衆徒に頼朝討伐の命が下された[18]。しかし、前者は行家、土岐光長の猛反対で潰れ、後者も衆徒が承引しなかった。義仲の指揮下にあった京中守護軍は瓦解状態であり、義仲と行家の不和も公然のものだった[19][注釈 8]。, 11月4日、源義経の軍が布和の関(不破の関)にまで達したことで、義仲は頼朝の軍と雌雄を決する覚悟を固める。一方、頼朝軍入京間近の報に力を得た後白河法皇は、義仲を京都から放逐するため、義仲軍と対抗できる戦力の増強を図るようになる。義仲は義経の手勢が少数であれば入京を認めると妥協案を示すが[20]、法皇は延暦寺や園城寺の協力をとりつけて僧兵や石投の浮浪民などをかき集め、堀や柵をめぐらせ法住寺殿の武装化を計った。さらに義仲陣営の摂津源氏・美濃源氏などを味方に引き入れて、数の上では義仲軍を凌いだ。, 院側の武力の中心である源行家は、重大な局面であったにもかかわらず平氏追討のため京を離れていたが[21]、圧倒的優位に立ったと判断した法皇は義仲に対して最後通牒を行う。その内容は「ただちに平氏追討のため西下せよ。院宣に背いて頼朝軍と戦うのであれば、宣旨によらず義仲一身の資格で行え。もし京都に逗留するのなら、謀反と認める」という、義仲に弁解の余地を与えない厳しいものだった[22]。, これに対して義仲は「君に背くつもりは全くない。頼朝軍が入京すれば戦わざるを得ないが、入京しないのであれば西国に下向する」と返答した。九条兼実は「義仲の申状は穏便なものであり、院中の御用心は法に過ぎ、王者の行いではない」と義仲を擁護している[23]。義仲の返答に法皇がどう対応したのかは定かでないが、18日に後鳥羽天皇、守覚法親王、円恵法親王、天台座主・明雲が御所に入っており、義仲への武力攻撃の決意を固めたと思われる。, 11月19日、追い詰められた義仲は法住寺殿を襲撃する。院側は土岐光長・光経父子が奮戦したが、義仲軍の決死の猛攻の前に大敗した。義仲の士卒は、御所から脱出しようとした後白河法皇を捕縛して歓喜の声を上げた(『玉葉』同日条)。義仲は法皇を五条東洞院の摂政邸に幽閉する。この戦闘により明雲や円恵法親王が戦死した。九条兼実は「未だ貴種高僧のかくの如き難に遭ふを聞かず」[24]と慨嘆している。義仲は天台宗の最高の地位にある僧の明雲の首を「そんな者が何だ」と川に投げ捨てたという[25]。20日、義仲は五条河原に光長以下百余の首をさらした[26]。, 21日、義仲は松殿基房(前関白)と連携して「世間の事松殿に申し合はせ、毎事沙汰を致すべし」[27]と命じ、22日、基房の子・師家を内大臣・摂政とする傀儡政権を樹立した。『平家物語』は義仲が基房の娘(藤原伊子とされる)を強引に自分の妻にしたとするが、実際には復権を目論む基房が義仲と手を結び、娘を嫁がせたと見られる[注釈 9]。, 11月28日、新摂政・松殿師家が下文を出し、前摂政・近衛基通の家領八十余所を義仲に与えることが決まり、中納言・藤原朝方以下43人が解官された[28]。12月1日、義仲は院御厩別当となり、左馬頭を合わせて軍事の全権を掌握する[29][注釈 10][30]。10日には源頼朝追討の院庁下文を発給させ、形式的には官軍の体裁を整えた[31]。, 平家物語には、義仲が幼い頃から苦楽を共にしてきた巴御前との別れ、今井兼平との語らい等、巴や兼平の義仲へのお互いの苦しいいたわりの気持ち、美しい主従の絆が書かれている。, 寿永3年(1184年)1月6日、鎌倉軍が墨俣を越えて美濃国へ入ったという噂を聞き、義仲は怖れ慄いた。15日には自らを征東大将軍に任命させた[注釈 1]。平氏との和睦工作や、後白河法皇を伴っての北国下向を模索するが、源範頼・義経率いる鎌倉軍が目前に迫り開戦を余儀なくされる。義仲は京都の防備を固めるが、法皇幽閉にはじまる一連の行動により既に人望を失っていた義仲に付き従う兵は無く、宇治川や瀬田での戦いに惨敗した(宇治川の戦い)。, 戦いに敗れた義仲は今井兼平ら数名の部下と共に落ち延びるが、20日、近江国粟津(現在の滋賀県大津市)で討ち死にした(粟津の戦い)。九条兼実は「義仲天下を執る後、六十日を経たり。信頼の前蹤と比するに、猶その晩きを思ふ」[32]と評した。享年31。, 義仲が戦死したとき嫡男・義高は頼朝の娘・大姫の婿として鎌倉にいたが、逃亡を図って討たれた。義仲の家系は絶えたとされるが諸説あり、戦国大名の木曾氏は義仲の子孫を自称している。, 全国の朝日とつく名前の町村は、朝日将軍義仲のゆかりが深いところが多い。明治27年9月に東京帝国大学史編纂官重野安繹(やすつぐ)博士が、旧制松本中学(現, 義仲が木曾谷で成長していることから、当然のように木曾谷にて挙兵したと考えられている。『源平盛衰記』でも、滋野行親が木曾谷の山下(現在の木曽町新開上田付近)で兵を集めたと記述されている。だが、, 『玉葉』7月28日条には、「参入の間、かの両人相並び、敢へて前後せず。争権の意趣これを以て知るべし」とある。, 『玉葉』閏10月17日条には、「或人云はく、頼朝の郎従等、多く以て秀平の許に向ふ。仍つて秀平頼朝の士卒異心ある由を知り、内々飛脚を以て義仲に触れ示す」とあり、, 義仲に従ったのは子飼いの部下を除くと、志田義広と近江源氏だけだった。義広は義仲滅亡後も抵抗を続けるが、元暦元年(1184年)5月4日に鎌倉軍との戦闘で討ち取られる。近江源氏の山本義経は法住寺合戦後に若狭守に任じられるが、その後の消息は不明である。, 義仲と基房の娘の婚姻を語るのは『平家物語』だけで、『玉葉』『愚管抄』には記述がないため、『平家物語』の創作とする見解もある。, 平治の乱以降、院御厩別当と左馬頭は平氏一門が独占していた。ただし12月10日には、左馬頭を辞任している。同一人物が両方の職を兼任することはなかったため、その先例に従ったものと推測される。, 岩手県立博物館平成16年度伝統芸能鑑賞会/岩手県文化財愛護協会第57回岩手郷土芸能祭, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=源義仲&oldid=80290569.

望海 中学校 野球部 46, 紅白 Misia ミッツ 26, ミトラ スフィア 防具 入手方法 10, Sumika フィクション 歌詞 意味 12, プラチナ ひみつのかぎ チート 11, クラウディア 声優 Ff7 8, 新潟 荒川 三面 川 鮎 7, 楽天モバイル機種変更 裏 ワザ 29, 就活 不安 なんj 36, 彼女 ブロック 自然消滅 4, 勝どき ザタワー Brt 6, パタゴニア ジョギング 冬 9, ブラマヨ 吉田 ツイッター 8, 東京理科大 経営学部 偏差値 32, Pubgモバイル 4本指 配置 Iphone 34, Tsutaya 宅配レンタル 返却方法 13, 東京プラス歯科矯正歯科 池袋 口コミ 6, ディケイド Bgm 説教 4, 麒麟がくる 薬物 誰 30, 島 たい せい パン屋 7, 鹿島アントラーズ 川崎フロンターレ 対戦成績 5, ウェポン マスターズ リセマラ 7, まだ結婚できない男 2話 Pandora 10, Pubg Kar98k 偏差pubg ゼロイン 変わらない 19, Snow 動画 半分黒い 6, 中務裕太 サナ インスタ 10, 源 義仲 系図 6, 危なっかしい計画 ライブ サプライズ 9, 中目黒 東山 中華 4, リーガルハイ2 動画 10話 13, 暗殺者 有名 日本 56, ゆう 坊 江田島 12, 日向坂46です ちょっといいですか Dtv 16, アーロンチェア リマスタード ライト 中古 4, Nhk 4k バレエ 8, 逃げ恥 名言 可愛い 13, ディケイド ジオウ なにそれ 13, 品田 真男 身長 5, Sbs 静岡 アニメ 10, 甲 本 ヒロト 伝説 48, アンダーカバー タグ 年代 10, ローダウン マフラー 擦る 5, 真女神転生4 Final ルート 11, ピアノ Bgm 楽譜 5, 明 誠 ジュニアユース 4, らくらくスマートフォン Me F 01l 設定 9,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *