フルダイブ 研究 企業 6

他の人の考えるフルダイブがそこにはあるはずです。 脳波解析を通じて感性を数値化するサービスを作っています。 面白い・勉強になる文献がありましたら、教えて頂ければ幸いです。 ● D. ? 「自分の知識を振り絞って、整理した結果、脳の仕組みがフルダイブに重要な要素だと私は考えたぞ。よし、大学は神経科学の研究室があるA大学B学科を目指そう。」 フルダイブを勉強したい、研究したい。 になりましょう。. この章では、どんな要素があるのか、それはどこで研究できるのか、を解説します。, フルダイブの流れを整理しましょう。 専門じゃないので、あんまり詳しくないです、専門家plz, ● D. 仮想空間を作る / ? そんな分野で求められる、唯一の資質は何でしょうか?, ネットの記事を読んで知識を貯めることは有意義です。 日本の大学であれば、工学部, 理工学部, 医学系研究科. 私の書いた記事が、自分で言うのもなんですが、よく書けてる気がします。 バーチャル世界にフルダイブするvr。リアル世界vrでは多少脳を「勘違い」させることはあっても、完全に意識を遮断することはないと指摘する大島教授。これに対し伊東監督は「モンスターの攻撃を受けてほんとに痛かったら嫌じゃないですか」と本音を漏らし、会場の笑いを誘った。 近年では人工知能(AI)という言葉は世間一般的に理解されるようになりました。AIにはいくつか種類がありますが、人と同じレベルで思考及び判断が出来るAIのことを汎用性AIと言います。この汎用性AIを開発する上で重要なカギになるかもしれないのが全脳シミュレーションです。, そして、この全脳シミュレーション研究の先に開発が可能となるかもしれないのがフルダイブです。今回はこの『全脳シミュレーション』をテーマにご紹介をさせて頂きます。, 全脳シミュレーションとは人間の約860億個とも言われるニューロンとそれを繋ぐ無数のシナプスの働き等をコンピュータを用いて完全にシミュレーションする事を言います。この全脳シミュレーションはアルツハイマー病・パーキンソン病などの脳疾病の治療にも役立つのではないかと以前から研究が続いている分野です。冒頭で述べたように最近では汎用性AI開発やフルダイブ開発の重要なカギになる可能性も出てきており、注目を集めている研究になります。, この全脳シミュレーションはかなり難易度の高い研究ですが、近年ではドンドン進歩している分野になります。, 2013年7月に日本のスパコン『京』の全システムを使用し、日本とドイツの共同チームで17億3000万個の神経細胞とそれを繋ぐ10兆4000億個のシナプスで形成される神経回路のシミュレーションに成功しています。, これは単純に考えればマーモセット(神経細胞数:約6億個)やヨザル(神経細胞:約14億個)などの小型ザルの全脳容量のシミュレーションに成功したことになります。しかし、生物学的に1秒で出来る計算をこの実験では約40分もかかっているそうなので、あまり実用的とは言えないかもしれません。, 因みにマーモセットというサルを気になって画像を検索したら超可愛い画像が出てきました。種類にもよるんでしょうが指に纏わり付く姿はめちゃくちゃ憂いやつです。ついでにヨザルも検索したのですがこいつは目がデカすぎて私の好みではなかったです。, 全脳シミュレーションに用いる特殊な新アルゴリズムを理研が2018年3月に開発に成功したみたいです。この新アルゴリズムを用いれば、今までのスパコンで生物学的に1秒間分の神経回路シミュレーションを行った際の時間を約5分の1程度に短縮出来るそうです。(この時の検証では28.5分かかっていたものが5.2分で可能になった), 実際の話、現時点での脳シミュレーションは飛躍的進歩を遂げてはいますが、先に紹介したようにその神経回路のシミュレーションは脳の極一部をシミュレーション出来るに留まり、しかも計算に物理時間の何倍も必要とされており、現状のスパコンなどでは演算能力が足りずに全脳シミュレーションを行うのは難しいと言うのが事実のようです。, 最新鋭のスパコンですら不可能な全脳シミュレーションですが、これを実現する方法はないのでしょうか。, これには幾つか方法があるとは思いますが、私個人の考えでは量子コンピューターを使用する方法が一番テクノロジー好きとしては心が躍るのではないでしょうか。, この量子コンピューターを使えば従来のスパコンとは比べ物にならないくらいの演算が可能と考えられており、2019年に発表されたGoogleの研究チームの発表によると従来のスパコンが約1万年かかる計算をたったの数分で解いてしまったと言います。もし、この演算能力を脳シミュレーションに使用した場合、全脳シミュレーションや解析が可能になるのではないでしょうか。, しかし、この量子コンピューターが実用レベルに達するにはまだ数十年かかるとも言われています。, 現在話題のAI開発やフルダイブ技術の重要なカギになるかもしれない、全脳シミュレーションですが、これは人間の脳機能を機械的にコンピュータを使用して再現しようと言う技術です。現在この分野の研究は飛躍的進化を遂げており、一定の脳シミュレーションに成功したり、新たなアルゴリズムなどの開発に成功してきていますが、現状のスパコンの演算能力での全脳シミュレーションは困難を極めているのも事実です。, しかし、スパコンの演算能力を遥かに超える量子コンピューターが開発されればこれらのシミュレーションも容易に可能となり、私たち人類に汎用性AIや夢のフルダイブ技術を数十年の内に齎してくれるのかもしれない。, この研究が進めが五感の再現や脳と機械のリンク・フィルタリングなどフルダイブ技術の開発が飛躍的に進むと私は考えているので今一番注目している研究の一つと言っても過言ではありません。, 人類が一歩一歩夢のフルダイブに近づいて行く現在は本当に私にとっては天国に歩んで行っているような気分ですねwww, サラリーマンのおっさんがお金持ちになるための挑戦・勉強・施策・戦略をゆるく書いて行きたいなと思っております。, sana0725sanaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog それがとても大切なことだと考え、実現させたい世界です。, 「フルダイブ」を実現させるには、脳とマシンの双方向通信を確立させる必要があります。 フルダイブとは、VR(仮想現実)の究極の姿であり、仮想空間内に五感を接続してその世界に入り込んでしまうことを指します。 操作する者は仮想空間内のアバターと一体化し、コントローラーを操るのではなく自分の体と同じように意識そのものでアバターを動かすのです。 "脳のどんな活動を読み取れば良いか", "どんな刺激が感覚を再現できるか"を知るためには、正常な脳がどう活動しているかを知れば良い. 常に考え、自分で納得がいくまで考え続けましょう。, 「なるほどー。脳の勉強してフルダイブ実現したいから、理学部行こう」 有識者の話を聞くことも非常に大切です。 SandBox Inc. のCEOを務めています。プロゲーマー経験を経て、起業しました。「フルダイブ実現」という大きな目標に向けて、ともに走ってくれる仲間を求めています。興味ある方はお気軽に連絡ください!ぜひお話しましょう。, SandBox Inc. エンジニア仮想世界と汎用人工知能に興味がありますC/C#/python/Unity/, SandBoxは、「人類の新しい生き方」を創り出す企業です。 フルダイブでは、多くのプレイヤーが仮想空間に居ることになります。 研究する要素が絞れれば、為すべき研究、行くべき大学は自然と見えてきます。 神経科学 このページは以下の内容に分かれています。 1. 脳の働きを解明する / 神経科学 初級者向け 2. 上記とは逆に、外科的手術を必要とせず、頭皮表面に電極を貼り付け、そこでやり取りをする方法です。, SandBoxでは非侵襲型に着目し、脳から情報を読み取り、解析するという部分に注力し、「脳波解析ソフトウェア」の開発を行っています。, そして解析ソフトウェアと、それに関わるコンテンツを通して、脳波に対する知見とデータを収集していきます。, 結果、脳活動から思考や性格、健康状態などを判別できるようになると考えています。 という方は、こちらの記事をオススメ 入門者向け 1.2. When: いつ研究するか 3. …フルダイブに繋がる情報科学、のことがわかる方、教えてください. 何が必要か 2. 日本のVR […][…], 目次 1. VRというと、一般的にはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着して、コントローラーで腕や足などの動きを仮想空間に反映する、という仕組みが知られています。, ですが、今後VR技術が進化するにつれて、現在のVRとは比べ物にならない程のリアルなVR体験が可能になると言われており、そのようなVR体験は「フルダイブ」と呼ばれています。, 現在のVRは、HMDを通して視覚と聴覚、またコントローラーの振動で触覚を再現できるレベルですが、これらに加えて、味覚や触覚、嗅覚などの五感すべてを仮想空間に反映する技術の研究・開発が行われています。, 一説では2030年代に実現すると言われているフルダイブ技術は、果たして本当に実現するのでしょうか?今回はフルダイブ技術の概略と、それを実現するための様々な取り組みについてお伝えします。, フルダイブのVR体験がどんなものかを具体的にイメージする際、好例として挙げられるのが、アニメ化もされた人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」です。, 同作品では、登場人物たちは「ナーブギア」というデバイスを装着して、身体を睡眠状態にして意識ごと仮想空間に没入するという技術が描かれています。, いわば機械を使って、明晰夢のように夢の内容を自在にコントロールしている訳ですが、これによってユーザーは夢=仮想空間の中で五感をフルに感じることができます。, このように、ユーザーの意識そのものを何らかの手段で仮想空間内の動きと一体化させる状態が、フルダイブのVR体験が目指している状態で、いわば「究極のVR体験」と言えるでしょう。, こんな技術が本当に実現するの?と思ってしまいますが、現在では脳波を読み取ってVRコンテンツを操作できる技術が一般公開されるなど、VR技術は徐々にですがフルダイブへと近づきつつあります。, 1つ目は「出力」で、これは脳から出力される信号を何らかの形で読み取って、仮想空間内に反映させる技術です。, 2つ目は「入力」で、仮想空間内で感じる様々な感覚、例えば視覚、聴覚、触覚、痛覚、嗅覚、また自分の身体の動きを認識する固有感覚など、現実世界で感じる感覚と同じものを、仮想空間内に反映する必要があります。, また、仮想空間での動きがそのまま現実世界の動きに反映されると、例えば仮想空間で走るとすぐに部屋の壁にぶつかってしまうため、仮想空間内の動きと現実空間の動きとの関係性を「調節」する必要もあります。, 現在、特殊な手袋型のデバイスをはめて触覚を再現したり、VR体験に併せて香りを生成するデバイスや、味覚を電気刺激で疑似的に再現するなどして、五感を再現するVR技術の研究が行われています。, このような取り組みは日本を含む各国の企業・大学が行っており、代表的な例を幾つか挙げてみましょう。, 五感を仮想空間に反映する研究は日本でも行われており、既に10年以上もの長い歴史を持つ研究分野です。, 代表的な例が東京大学で、同大学では圧覚、低周波振動覚、高周波振動覚、皮膚伸び覚、冷覚、温覚、痛覚という7つの触覚を、遠隔地にあるロボットと一体化してユーザーが感じるための技術研究が行われています。, 触覚が人間に与える影響に基づいて、上記の様々な感覚を人為的に再現しようとする技術概念は「触原色原理」と呼ばれており、この概念に基づいて、ロボットの身体にまるで憑依したかのように操作できる技術は「テレイグジスタンス」として知られています。, テレイグジスタンスは「遠隔操作感」などと訳されますが、これは遠隔地にある様々なものを、まるで実際に目の前にあるかのように触ったり、操作できる技術を指すもので、日本のVR研究者の第一人者である舘暲(たち すすむ)教授によって、1980年に提唱されました。, 同氏らのチームは2017年にテレイグジスタンス技術の研究・開発を行う企業「Telexistence株式会社」を設立しており、VRやクラウド、触覚などを通じて遠隔操作ができるロボット「MODEL H」を開発しています。, MODEL Hは量産型ロボットの試作品として開発され、ユーザーはロボットの身体を、まるで自分のそれであるかのような感覚で操作できます。, テレイグジスタンス技術が実用化されれば、例えば医師が遠隔地にいる患者の手術をロボットの身体を通して行ったり、人間の立ち入れない危険な場所での作業がより行いやすくなります。, より直感的にVR操作ができる技術を研究しているのが、米国のスタートアップのNeurableです。, 同社は専用の電極を用いて、ユーザーの脳波を読み取ってVRを操作する技術を開発しており、このように脳波でコンピューター操作をする技術は一般的に「BCI(Brain Computer Interface)」「BMI(Brain Machine Interface)」と呼ばれています。, Neurableのシステムでは、HTC Viveに7つの電極を取り付けた専用の装置を装着して、これで脳波を読み取ることで、ユーザーは考えるだけでVR操作を行うことが出来ます。, 実際、同社は脳波のみでプレイできるアーケードゲームを開発しており、2018年には開発者向けのキットを一般向けに既に公開しています。, また、これより更に未来的な技術として、現在米軍が研究を行っている「脳にコンピューターを直接接続する」技術が挙げられます。, 脳とコンピューターを直接接続するというと、まるでサイバーパンク作品「攻殻機動隊」に登場する「義体化」を思わせますが、この技術はDARPA(国防高等研究計画局、米国防総省の技術研究機関)が70億円もの資金を通して、人間の脳に埋め込むコンピューターチップの開発を行っています。, この計画はNESD(Neural Engineering System Design)という名称で、おもな活用方法として、例えば兵士の脳にチップを埋め込むことで、無線機などのデバイスを使わずに意思疎通できるなど、まるでテレパシーのような能力を獲得することが可能になるでしょう。, このような技術は当然、倫理的にも大きな反響を巻き起こしそうですが、本技術を民間利用することで、例えば視覚や発話に障碍を持つ人や、様々な症状を改善するなどのポジティブな利用も考えられます。, 意識ごと仮想空間に没入するフルダイブ技術を考えると、HMDとコントローラーのみを使う現在のVR技術は、極めて原始的なもののように思えます。, ですが、現時点から見れば相当にぶっ飛んだ技術であるフルダイブのVR技術が実現するとすれば、それはいつ頃なのでしょうか?, 実は、VR技術の進化を予見する重要な予測があり、これは発明家にして実業家、またグーグルでAI(人工知能)の開発指揮を執るレイ・カーツワイル氏によってもたらされたものです。, 同氏は、コンピューターの知性が人類のそれを凌駕する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を提唱した人物であり、ご存知の方も多いと思います。, カーツワイル氏は著書「Singularity is Near(邦題:シンギュラリティは近い)」において、VR技術の進化をいくつかの年代に分けて予測しています。, 同書は2005年に出版されたものですが、その中で2010年代には網膜に映像を直接表示するVRゴーグルの登場を予測しており、これは現在のスマートグラスにおいて既に実装されている技術であり、予測を的中させています。, また2020年代には、VRは現実とほぼ見分けのつかないレベルに達し、フルダイブ技術は2030年代には実現するとも述べています。, 上記で述べたような、ナノマシンを脳に挿入して、デバイスを一切身に着けなくても仮想空間に没入する技術もこのころに実現し、2040年代には日常生活で行う殆どの事を仮想世界で体験できるようになり、多くの人が大半の時間を仮想世界で過ごすようになると言います。, そして2045年にはシンギュラリティが訪れ、人類の知性すべてを結集しても、その当時の1,000ドルのコンピューター1台にすら敵わないほど、テクノロジーが発達した時代が訪れると予測しています。, まるで空想小説のようなお話ですが、昨今AI(人工知能)プログラムがプロの囲碁棋士を打ち破るなどコンピューター技術の進化は急速に進んでおり、単なる絵空事として片付けられない真実味があるのは確かです。, もし実現すれば、私たちのライフスタイルを丸ごと変えてしまいかねないフルダイブ技術、今後どのように研究・開発が進んでいくのか、目が離せない分野の一つです。, 人間の意識を丸ごと仮想空間に没入させるフルダイブ技術は、現在のVRの常識を丸ごと塗り替えてしまいそうです。, 現時点から見ると、まるでSFの空想上の技術のように思えますが、既に各国の大学・企業や、国防総省などの国家機関が開発に取り組んでいるため、実現の可能性があるのは確かです。, ゆくゆくは、人間の生活スタイルを一新してしまいかねないフルダイブ技術は、VRの未来を考えるにあたって極めて重要な技術です。, リコーイメージング株式会社は、リコーイメージングスクエアギャラリーで開催した写真展を360°のバーチャルリアリティ映像で鑑賞できる新コンテンツ「36[…], 目次 1.

原付 原動機の型式 調べ方 5, 間違っ てる かも しれ ない 韓国語 16, ぞ くり 白昼夢 5, ジャパネット 社員 旅行 5, メソッド ハンドソープ 匂い 4, フランクフルト ウイイレ 名前 6, Ae タイムシート Sts 27, アラサー 懐かしい プリクラ 34, にじさんじ アンチスレ 現行 18, クイーン メンバー 現在 6, 麒麟特製ストロング Cm グラス 5, Tbs 元社長 軽井沢 別荘 29, Ff14 釣り クリアプール 5, 虹プロ Feel Special 14, 保守 速 オフ 7, 人力舎 芸人 給料 6, 永瀬廉 カバン 見つかっ た 6, シンポテト Cm 嫌い 5, 64式 エアガン G&g 15, 恋を した 男性の行動 職場 51, 深さ優先探索 スタック C 9, 今後 の糧 と させ て いただき ます 22, 大阪城ホール 米津玄師 座席 8, 矢野みなみ 退社 今後 40, リーガルハイ2 Sp 後編 13, Ff14 刻限 スキル回し 52,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *