シンイ 二 次 小説はる 22

韓流「シンイ信義」のキャラクターをお借りして 個人の趣味で書いている妄想話です なお ブログ内の無断転載や他への転用 複製 再配布等 お断りいたします. タンとウンサン二人のその後を私なりに妄想しています。, 視聴した韓国ドラマの感想ブログ。『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』の二次小説も執筆中。, 韓ドラ「シンイ」に出会い、二次小説の読み専高じて自分でも微妙な設定のお話も書いています!, 『トキメキ☆成均館スキャンダル』の二次小説を綴っています。ドラマ版派生のオリジナルストーリーです。, 韓ドラ信義の二次小説書き始めました。黄色いお花の似合う高麗武士はまさに神の降臨だと思う管理人です。, 俳優キム・ナムギルさんが演じたピダムに惚れ「善徳女王」「赤と黒」を綴っていましたが、「蘭陵王」のフォンさまに導かれ華流の道へ ドラゴンボールの漫画(マンガ)・アニメ・グッツ・同人・創作小説までなんでもござれ!, 【本・小説】新刊情報についての記事であればなんでもOK。今月の新刊やら、来月の新刊、それ以降の新刊についての記事、また、うわさでどんな新刊がでるか、などの情報など。, 『彩雲国物語』に関する記事でしたら何でもOKです♪ ... ひと雨ごとに立派な根をはる頑固な雑草と格闘し、ことごとく負け戦さになっていた。「あーん、もう、また途中で千切れたわ!根っこまで抜けないー。」じっとりと汗が流れ汚れた手で拭えば綺麗な顔に土が付くそれでも手強い深緑の敵と一刻ほど戦って、ウンスはくたくたになる。「はぁ・・もうダメ腰も痛 . 満月の夜に . Category / シンイ 二次小説; 2014 10 Wed 11:22:12 Comment 8 Trackback 0. 言の葉。 伝えたいのに伝えられない想い、 二つのブログを統合して、ブログお引っ越し完了, 「検事プリンセス」&「陳情令」「キング〜Two Hearts」「デュエリスト」などの二次小説、イラスト等を更新中♪, 韓流「花郎(ファラン)」の二次小説。ジディ/真興(チヌン)王とアロのロマンスオンリー。 原作無視の捏造小説で、両思いのふたり・ジディアロだけを綴ります。, 今更ですが、『美男ですね』の二次小説です ユニがそれぞれと結ばれたら、という妄想をお話にしていますが、ブログ主はコロ応援隊隊員ですので、多少の贔屓はご容赦を。, ドラマ信義『シンイ』を見てからどっぷり浸り 心の赴くままに A.N.JELL達とうたたがお届けする新たな恋のお話です, 韓国ドラマ『宮』の二次小説 創作の場・・・シンチェだのみで成立しているお部屋です。, 韓国ドラマ「相続者たち」二次小説です。 シンイ二次小説. ここに綴ってみて下さい。, 宮部みゆきさんの長編ファンタジー、ブレイブ・ストーリーについてのことなら、なんでもOKです!映画も公開されるようです!, 【小説・ゲーム】ヤマグチノボルさんのライトノベル小説「ゼロの使い魔」に関連したものならなんでも, ドラゴンボールの話題なら何でもOK! 生まれてきた ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; 前ページ; 次ページ; 월하 미인 月下美人 11 最終回、二人が出会うまでを書いています。, 「月の恋人 歩歩驚心 麗」の二次小説「チルソゲ・ソンムル(七夕の贈り物)」です。イ・ジュンギファン。, 元「ヨンとおさんぽ」と「銀の月と耀う星」 チュ・ジフン君やユン・ウネさんの情報も, 大切な人へ、遠くの誰かへ、 大好きなヨンとウンスのキャラクターをお借りして 国境の兵営を出発し隊の先頭を行くサンユンはユ医員が遅れていないか気にかけながらも速歩で進んでいた途中斥候のジョンフンとテマンが早駆けて行ったウンスは途中から尻が痛くなっていたがそれでも遅れまいと必死で手綱を握っていた「イムジャ疲れましたか?少し休みますか?」「ヨンアあとどれくらいで着くの?」「あと半時もかからず到着します」「30分弱ねわかったなら大丈夫よ」船に弱いウンスのために陸路で行くか悩んだが結局早くて安全な行程に決めていたようやく辺りが明るくなっ, ブログご訪問ありがとうございます『高麗・登場人物紹介の前に』ブログご訪問ありがとうございますこの先当ブログの妄想噺に出てくるキャラクターの登場人物紹介を時々投稿する予定です今後のネタバレを含みますので知りたくない方は登…ameblo.jp↑こちらからご覧になってください***当ブログはドラマシンイ-信義-のキャラクターをお借りしてチェヨンとウンスのその後を勝手に妄想したシンイ二次小説ブログです☆全てフィクションです☆ネタバレ含まれます☆あくまで個人の妄想です☆全てイメージ, ウンスが寝返りをうった動きで浅い眠りから目覚めたヨン昨夜ウンスを見つけた時を思い出し郡守とジュファンへの烈しい怒りが蘇るとともに自分の手に取り戻せたときの安堵感は計り知れなかったそしてウンスがまた自分を受け入れてくれた喜び気持ちが昂って夢中で抱いたが思えばウンスは必死で声を堪えていただが昨夜はウンスも今までになく俺を求め何度も応えてくれたこの兵営にあまり兵は残っていなかったがそれでも巡回している以上気づいた奴もいただろうあれで気づけぬようなら迂達赤失格だ, 結局ウンスはその日部屋から出なかったテマンが灯を運んだ時だけ扉から顔を出し薄く笑んで伝えた「ありがとうテマナ心配かけてごめんねこれは私の問題だからテマナは何も気にしなくていいのよ」ヨンは我慢しきれずウンスの側までやって来たがその時ウンスは本当に眠っていたので寝台の裾に予備の掛布を置いて出ていった***こんな気持ちで眠れるわけないと思っていたウンスだが薬菓を食べて満腹になりこれまでの疲れが溜まっていたのか心労がピークに達し防御反応が起こったの, 軍議で大護軍は王様の客人が数日兵営に滞在すると言ったということは先刻大護軍の部屋に居たのはその客人であろうかサンユンは軍議中も先ほど会った女人のことを考えていたあんなに溌剌として笑顔の愛らしい女人は初めて見たそれによき香りが漂っていたきらきらした瞳で凛と俺を見つめ返し微笑んだどちらの御息女であろうか心ここにあらずのサンユンの様子はヨンやチュンソクには直ぐに気づかれた「滞在中は主にテマンが付く無断で接触してはならん余計なことは話しかけずまた, ブログご訪問ありがとうございますこの先当ブログの妄想噺に出てくるキャラクターの登場人物紹介を時々投稿する予定です今後のネタバレを含みますので知りたくない方は登場人物紹介はスルーしてくださいまた当ブログはドラマシンイ-信義-のキャラクターをお借りして原作やドラマのチェヨンとウンスのその後を妄想したシンイ二次小説ですあくまで個人の勝手な妄想の話です全てフィクションです登場人物紹介は自分がお話を妄想するうえでイメージしやすいよう全てお借りしているもので自分の覚書程, 「チュホ〜ンただいま〜元気だった〜?」ウンスは懐かしいヨンの相棒の鼻面を撫でたチュホンは初対面からウンスを気に入っていたが何度も鼻でウンスの胸をつつき覚えていることをアピールした「どこに向かっているの?」「着けばわかります」腕の中にウンスを囲い髪から漂う香りにヨンは口角をあげたチュホンの背に揺られ半刻見覚えのある岩場の景色「ここはまさか妙香山なの?!じゃあ普賢寺に向かってるのね!」ウンスは笑顔で振り向いた「無事に天, ブログご訪問ありがとうございます当ブログはドラマシンイー信義ーのキャラクターをお借りしてチェヨンとウンスのその後を勝手に妄想したシンイ二次小説のブログです当ブログの〝高麗・登場人物紹介〟の記事をしばらくの間順次公開記事に致します『高麗・登場人物紹介の前に』ブログご訪問ありがとうございますこの先当ブログの妄想噺に出てくるキャラクターの登場人物紹介を時々投稿する予定です今後のネタバレを含みますので知りたくない方は登…ameblo.jp必ず↑こちらからご覧ください公開にす, こんばんは(*´艸`)♪こんなお話を考えてみています。続くかはまだ未定です!笑1「あ、おじさん!これ、これもう少し安くならない?」「うーん、それでも安くしてるんだがなぁ」「ならいいわ、他の店で買うから」「ちょっと待った!別嬪さんには特別だ。こんなもんでどうだ?」「うーん、もう一声!」「なに?…しょーがねぇな、じゃあこれも付けてやらぁ」「さっすが!ありがとう、おじさん!」長い髪を風になびかせ、ウンスは自分を店先で待っているヨンの元に駆け寄る。, ソウルの夜景はこれで見納めになるだろう脳裏にしっかり焼き付けたごめんなさいさようなら遠くを見て小さく呟いたもう一度天門を潜り出ると見覚えのある石の祠見覚えのある風景を目にして小さく息を吐いた***ここにあの人はいるかしら恭愍王の御代だといいんだけど……とにかく今が何時なのか調べることが先決ねあの人がいない時代ならすぐに天門に戻らなきゃしっかりと笠を被り直し石祠の前から歩き出した樹々は薄っすら黄や紅に色付きはじめており道端に曼珠沙華が咲いていた季節, ウンスが起きるとすでにヨンの姿はなく卓の上に手拭いと水桶があった身繕いしテマンを呼ぶと握り飯と青菜の水沈菜の朝餉を運んできてくれた「テマン君ありがとう」お礼を言うとテマンが何か言いたそうにもじもじしているので促すと「あのぅユ医員オ、オイラをテマン君と呼ぶのはやめてください」「えっどうして?」「オ、オイラ君をつけられるような身分じゃないから」「あ〜そういうことね!この時代そうかそうかうん了解じゃあ弟だからテマンって, ウンスが気づいた時そこは兵営のウンスの部屋の寝台だったあれ〜いつの間に帰ってきたんだろ?久々のワインだったからちょっとペース早かったかな久々と言えばこの香りん〜ヨンの匂いだわ〜やっぱり安心する〜ずっとウンスを見つめていたヨンは自分の懐に潜り込むように鼻を摺り寄せきゅっとしがみ付いてくるウンスが愛しくてたまらなかったこの数日続いた自分を避けるような冷ややかな素振りに不安だった日々ようやくウンスの心が戻ってきたようでヨンはウンスを強く抱きしめたヨンに抱き, チュンソクから硯箱を受け取り墨をすり終わると流れるような達筆で認めた墨が乾くのを待つ間に計画を伝える「王宮と手裏房に書状を王には帰還の許可を請う予定通りなら連絡兵は往きで三日帰りで三日出立は七日後とする先ずは一隊でこの方を開京までお連れするその後高麗軍を再編成をして国境に送り出す隊が国境に到着次第残りの迂達赤は帰京してくれ先発隊を誰にするかはチュンソクに任せる決して元に悟られぬよう先発隊の情報も直前まで伏せる」「はっ, 案内され入った部屋にヨンは顔を顰めた静かに集中せねばならぬのに焚かれていた麝香が邪魔をした酒に混ぜられた薬を中和するだけだ時間はかかるまい蝋燭の灯が揺れるヨンは結跏趺坐しウンスを思い浮かべた昔は運気調息の時はメヒの名を呼んでいたのにウンスでなければならなくなったのはいつからだろうヨンは丹田に気を集中させるウンス…名を呼ぶといつもウンスを初めて見た瞬間の凛とした姿が浮かびあがり小菊を差し出したウンスいってらっしゃい手をふるウンステジャ, チュンソクは慌ただしくしていた昨夜郡守の屋敷から戻った大護軍は不機嫌極まりなく眠っている医仙を大切そうに胸に抱き抱え医仙が使っている部屋に入ったきりだ宴から戻って来た兵士はテマントルベトクマンだけで何があったのか三人の話をまとめると宴で一服もられた妓生に扮した刺客がいた医仙が連れ出され貞操の危機だった医仙と部屋にいたのは迂達赤隊員だったしかも刺客は毒針を仕込んでいたことから徳興君の影が見え隠れするこれは大護軍も心穏やかにはいられまいチュンソクはヨンの心境を思, 国境に向けて出陣したチェヨン途中通過地点の監営で馬を休ませヨンと古参の迂達赤が野戦食を摂っているところでテマンがヨンに尋ねた「大護軍あのう賛成事の娘を本妻に迎える話は出たら目ですよね?」「テマナなんの話だ?」「あのうチェ尚宮も違うって言ったけど…あちこちでやたら耳にするからトギが心配してて…オイラ両班の婚儀はよくわからないから」「私も親から聞かれました大護軍がいよいよ嫁取りをするのかと」「某もその話は聞きました大護軍が身を固めたら次はお前, 朝からテマンがやってきた迂達赤の衣を持ってきたのだしぶしぶ迂達赤の衣に着替え髪もまとめたウンスヨンはすでに着替えて少ない荷物をまとめていたが迂達赤二等兵ユ・ウンスの姿を見てにこっと笑い頭をぽんぽんとした何処となく朝から不機嫌そうなヨンだったのでその笑顔に安心しきゅんとしながらももしかして昨日寝ちゃったから拗ねてるのまさかね〜でも今日から兵舎でしばらくできないし…ってやだこんなこと考えちゃうなんて私の方が欲求不満なのかしら自分の思考が急に恥ずかしく, 宿に着いた時にはもう日は暮れていたウンスが〝ばっぐ〟と呼んだ天界の荷が気になりテマンは話を聞きたくて残っていた湯上りのウンスを見られたくなくてヨンは警護をテマン頼み先に風呂に向かったヨンが部屋を出るとテマンは早速天界の荷について尋ねたウンスは嬉しそうにバッグを卓にのせて効果音を口にした「じゃじゃ〜ん!いいテマン君天界にはカメラといって今目に見えている景色をそのまま絵に残せるカラクリがあるのほらこれ私の顔が写ってるでしょ」そう言, 夕餉後部屋に戻ったヨンとウンス扉を閉めるなりウンスを抱きしめヨンは口づけた「どうしたの?」口づけの合間にヨンと額を合わせながらウンスが聞いた「昨日まではずっと一緒にいたゆえ離れてる時間が長く感じて…イムジャのことが心配なのです」ヨンが苦しそうに答えた今日兵営に来たばかりなのにすでにウンスを見染めた輩がいる気がした「私は無事で今貴方の腕の中にいるわ」ヨンは首筋に顔を埋めてウンスの香りを深く吸い込んだ四年前と比べると思っていることを随分言葉に, 食堂にきたウンスを見てチュンソクは安堵したがヨンからの殺気にトクマンは戸惑っていたウンスの体調を考慮してトクマンが少なめに飯を盛るとたちまちウンスが殺気だち慌てて盛り直した「お体は如何ですか?」異様な空気に耐えきれずチュンソクが訊ねた「ええただの頭痛と睡眠不足だから一晩寝たら治ったわ」けろっとウンスが答えるとチュンソクからも睨まれトクマンは身の置き所がなくなった「ねえ将軍隊長明日街に行ってきます」突然のウンスの宣言にヨンとチュンソクは顔を見合, 「わあ〜可愛いコッソンピョン!」松餅が出されるとウンスは小さく歓声をあげて手を叩く「この時代でもこんなにいろんなコッソンピョンがあるのね食べるのがもったいないわ〜…食べるけど」そういって松餅を頬ばる栗鼠のような愛らしいウンス「うん美味しいなんだかほっとする素朴な味だわ貴方も食べて……ねぇヨンァ五味子茶どんな味がした?」ヨンが一口ソンピョンを食べ五味子茶を飲んで茶碗を卓に置いた途端ウンスが訊いた瞳をきらきらさせてじっと見上げられる, 昼間のテマンの話から己の知らぬ間に世間が勝手な縁談の噂をしていると知ったヨン開京から離れた今自分では噂を否定できぬことにヨンは苛立っていた何故俺が新たに妻を娶らねばならぬのだ俺の妻は一人だけだ俺の妻はイムジャだけ戦地へ向かう途中の野営地でヨンはウンスのために用意している包みを開き以前ウンスが着ていた衣や新たにチェ尚宮が縫い上げた衣を眺めたイムジャは一生俺のそばにいると約束しただからイムジャは必ず高麗に戻ってくる俺のところに帰ってくる包みを抱きしめヨンは, 午後一旦小雨になったものの遥か先まで西の空はびっしりと濃い雲に覆われ暫く雨は続くと思われたそんな時地元の郡守が国境隊長を訪ねてきた日頃の感謝を込めて兵士を招き宴をひらきたいと訴えるしかも今日にも催せるほど既に支度済みだと大護軍と別れの杯を交わしたい国境隊長は渡りに船と郡守を連れ大護軍と迂達赤隊長がいる兵営へ向かった***主に迂達赤が使っている兵営の軒下ではトルベを囲みウンスが王宮の話を聞いていたテマンが通訳し雨のため鍛練できないトクマンら一部の古参の隊, 澄んだ空気にくっきりとした満月が出ていた秋夕の月に願うと叶うウンスが言い出し三人は月を見上げていた月を見上げながら目を閉じ祈っているウンスの横顔があまりにも美しく儚く消え入りそうで不安になったヨンは思わずウンスの手を握った***夕餉を前にしてウンスは言った「実は私クリスチャンなの普賢寺に一年いたけど仏教徒でも儒教徒でもないのよだからあまり伝統行事に詳しくなくって…でも秋夕のイベントは知ってるわご先祖様に感謝を伝えるのよ, 「儂の祖父は幼い頃天女殿と暮らしたことがあるそうでよう話をしてくれました祖父と言っても血脈の繋がりがあるわけではありません儂ら寺族は法脈で繋がっておるのですが…その祖父がいうておりましたこの世のものとは思えぬほど美しゅうてよい香りがするみなに分け隔てなく不思議な医術と賢くて優しい心でみなを癒すと」「住職様のお爺様はあの時の幼い小僧さんかしら一緒に川で遊んだり薬草を摘んだりしたわたまに天界の御伽噺をしてあげたとても素, テマンが戻りヨンに外套を渡しながら何やら言いたそうにしたがヨンは目で制した「あテマン君何か飲む?喉渇いてるでしょ?コッソンピョンもテマン君の分とってあるのよ」「オ、オイラ兵営で飲んできたから大丈夫です」「そお?遠慮しなくていいのよこの辺りでのんびり過ごすのも最後になるんだし一家団欒しましょうよ」「え、一家?オ、オイラもですか?」「当たり前でしょヨンの弟は私の弟なんだからテマン君は家族の一員よ」「か, トルベ到着の知らせはただちにヨンに伝えられ明朝より軍議と決まったここ数年は戦場には出ず王宮で王様の近衛隊として本来の役目を粛々と果たしてきたトルベ懐深く大切に預かってきた王様からの書状を渡しヨンは謹んで受け取った帰還の許可を得てヨンはいよいよウンスを開京へ連れて帰れると安堵の息を吐いた今は落ち着いているとはいえ此処は国境何時また攻撃を受け戦場になるやも知れぬそれになにより此処は天門がある土地だヨンは早く天門から離れたかった兵営はさぞご不便であっただろうしか, 欅の根元に腰を降ろし二人は暫く寄り添っていた天門を出てからここまでの様子を話していると飛び跳ねるように近づく気配にヨンが気づく「テマナが貴女に会いにきたようです」ツンツン頭は変わらないが幾分引き締まって大人びた顔が近づいてウンスと向き合った時にはもうそのつぶらな瞳は潤んでいた「や、やっぱり本当だったオ、オイラ待ってましたテ、大護軍が必ず戻るってよ、四年前に言いましたからオ、オイラもずっと信じて…」そこまで言うとテマンは感極まりウンスは思わず, 「うわぁ~美味しそう!」目の前に置かれる料理に感嘆の声を上げた「本日は誠におめでとうございますこちらは王妃様よりお祝い膳で御座います宴など余りお召し上がりできるか分からないので…と仰っておられました」「お食事をお召し上がり後私共がお手伝いをさせていただき身を清めて頂いてその後着付けさせて頂きます」この中で一番上…だろう女官は視線を伏せたままそう話した「ぐっ!…ふっ!」ウンスは思わず噎せてしまう「ええっ?いえ…自分で出来るわ!…別に貴女方の手を煩わさなくても…」, さすが良家の子息チョイス!トクマンが選んだ宿はウンスも納得のこの時代にしては素敵な宿だった静かな二間続きの離れで護りも効き隣りの棟も空室にされており他の泊まり客の身元も調べ済であったトクマンも随分使える様になったものだとヨンは珍しくトクマンを見直した「医仙様〜とりあえずこの饅頭をどうぞ夕餉はた〜んと用意してくれるよう頼んでありますのでそれまではこれでご辛抱くださいあとこの宿は湯殿がございます手拭いも用意してもらいましたどうぞ旅の疲れをゆっくり. 「宮廷女官若曦」「風中の縁」「永遠の桃花~三生三世」等の二次小説も綴っています♪, 試行錯誤中ではありますが…脇役大好きゆえ派生していく物語が止まりません!!原作小説が好き!主役よりも、味わい深い二番手が好き!一言、一文、隙間から物語を紡いでいくのが好き!, 『花より男子』(類とつくし)(ジフとジャンディ) や「韓国ドラマ」の二次小説を書いています, 韓国ドラマ「宮」が大好きな私が作るその後のお話です。愛がいっぱいのシンチェを目指してます。, 『宮〜Love in Palace〜』の二次小説です。Yahoo!ブログ終了に伴い、引っ越しして再編集中です。, 韓国ドラマ「シンイ」の考察とチェ・ヨンとウンスのその後の二次小説を書き綴っています。, 信義が大好きです!信義の二次小説書かせていただいてます。他の韓流ドラマも大好きな私です。, 韓国ドラマ「宮」の創作二次小説を書いています。 『成均館スキャンダル』の主役四人を軸にした二次小説を引き続き書いています。 壁紙 レーベル 動画 夢小説 サーチ 二次創作 イラスト絵. 韓国ドラマ「シンイ」の考察とチェ・ヨンとウンスのその後の二次小説を書き綴っています。 【ご案内】アメンバー受付について Abamaでシンイが放送されますヨン(6/12 19:50~) 大きな声で叫びたいこと、 小さな小さな呟きや、 haruの徒然なるままに〜シンイの世界に魅せられて . 最近になり二次小説を書くようになりました, "月の戀人-步步驚心:麗,他、二次SSのお部屋 韓国ドラマ「シンイ」の考察とチェ・ヨンとウンスのその後の二次小説を書き綴っています。 【ご案内】アメンバー受付について Abamaでシンイが放送されますヨン(6/12 19:50~) どんな姿も、あなたです。 高麗の世界の妄想を広げて綴っております, Yahoo!ブログから移行中。

お 休み 中にも かかわら ずお返事いただき ありがとう ござ�%8 41, Juicy 意味 スラング 8, Trans Innovation 口コミ 9, ブルーベリー 花 ピンク 4, 隣の少女 あらすじ ネタバレ 15, トッド キャントウェル プレースタイル 16, 在宅勤務 子供 保育園 4, ランドリーキッチン 箱崎 料金 4, 甲鉄城のカバネリ 声優 下手 27, バッファロー 年収 低い 6, 韓国ドラマ アイテム キャスト 7, ハッピーバースデー 音楽 無料 ダウンロード 17, 茨城県龍ケ崎市 貝原塚 町3845 野口 牧場 6, Pubg 征服者 降格 23, ポケモンxy ムックル 出ない 7, 35歳の 高校生 恋愛 9, 米津玄師 オフィシャル サイト 会員登録 13, 永野芽郁 新田真剣佑 キスシーン 17, 東北 ろうきん お盆 休み 5, スタンドアップ ネタバレ ちえ 8, ワンピース 無料 海賊版 40, パクリ バンド 一覧 16, 冷蔵庫 半年 故障 15, 明海大学 不動産 学部 炎上 34, アン クローズ ヒューマン Joysound 12, ニジマス イワナ ヤマメ 味 5, ものひろい マックス レイド 11, 秋川 キャンプ 無料 5, 新宿 デイユース ホテル カップル 9, Fairy Gone Background Songs''ii 5, 栄光ゼミナール 都立中高一貫 合格 9, バファリンルナ Cm 歴代 11, 無料 映画 夢心地 14, 野村 ささやき なんj 10, 水道 スマート メーター 漏水 4, ライチ☆光クラブ 漫画 ネタバレ 4, Oras フシギバナ 育成論 20, トークテーマ ルーレット Web 30, ダイパ ラッキー しあわせタマゴ 44, Daigo マスク メンタリスト 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *