コムデギャルソン なぜ 高い 7

フォーマルスペシャリスト 俺が生まれた年にパリコレでデビューして、. こんにちは自問自答ファッション通信です。今回は「ファッションを制服化すること」の派生のお話です。, 私は仕事で女優、ダンサー、コラムニスト、イラストレーターの方々とお会いすることが多いのですが、業界のトップの方は、なぜか「コム・デ・ギャルソン」を着ていらっしゃる確率が非常に高いです。(もちろん、日本の三代メゾンであるヨウジヤマモト、イッセイミヤケ、その為クリエイターズブランドも多いですが), 「コム・デ・ギャルソン」はファッションオタクの方なら誰もが一度は通ったことがある日本三大メゾンブランドですが、一時期、PLAYシリーズが爆発的に流行ったことで少しブランドのブームが下火になってしまった様なイメージが持たれ、ファッションに興味が薄い人は「なぜ今ギャルソン?」と思う方もいらっしゃるようです。, ギャルソンを着続ける人にとっては、なぜ今というよりは、過去も未来もいつもギャルソンなのです。今回は私なりに「なぜなのか」を考察していきたいと思います。, 「突き抜けている人」というのは自分の分野を深く掘り下げる作業に時間を類やしたいと考えているため、毎日の服を考える時間を「ロスタイム」とし、なんとか削りたいと考えています。スティーブ・ジョブズが行なっていた例の「制服化」ですね。制服化するに当たって一度決めた服(スタイル)を何十年も着ていく訳ですから「自分にとっての究極のベーシック」を追求しなければなりません。私も服を意識的に制服化しています。, コム・デ・ギャルソンは日本の中でも「オリジナリティ」が高く、流行に左右されない、むしろ流行を作っていくブランドであるが為に、制服化として取り入れている方が多いのです。もちろんアパレルブランドなので流行がないわけではないのですが30年前のコレクションを見ても古いと感じさせないのです。つまりは2019年のコレクションを30年後の2049年に着ていてもカッコいいであろうという希望が一番の魅力であると考えています。, これは「いやいや、かっこいいは主観によるだろう」と思われても仕方ないと思いますが、ファッション有識者笑である私から見たらもちろん「かっこいい」です。ハイブランドはなぜ高い(高価でも売れる)のかと言うのは「デザインにお金をかけているから」=「長い年月をかけて天才たちが人生をかけて考え抜いているから」なのです。, ギャルソンの創立者である川久保玲然り、名前を継いだ渡辺淳弥然り、栗原たお然り、パタンナー、マーチャンタイザー、プロモーション携わる人々みんなみんな才能の塊です。もともとデザインで才能がある人が集まって、さらにお金をかけて育て上げているんですから、いいものが出来上がります。これからもずっとブランドを存続させていくために、デザインの基準を高くしているのです。, 逆に「かっこよくないブランド」が何でかっこよくないのかと言うと「プロダクトアウトでできたもんそのまま出しちゃった」系と、「デザインは流行からパクってなんも考えてない」系の二つがあげられると思います。, お金をかけてちゃんとデザイナーを育てると、かっこいいものができます。「突き抜けている人」と言うのは考えて考えて考えまくって突き抜けた方々なので、もちろん同質を求めます。同じベクトルのものを今の日本で探したら行き着くのはここなのでしょう。, 「突き抜けている人」と言うのはもちろん国内外問わず発信の場があります。世界に行くと、世界基準で「突き抜けた人」との戦いなります。どうせなら自分のルーツである日本人デザイナーが生み出したものを着る方がルーツをアピールしやすいですよね。, 自分が突き抜けた背景には必ず育ちがあり文化があり、つまりは己のルーツがあります。ルーツとは生まれ育った場所が深く関係しています。日本に居れば当然のことでも、世界で戦う際に自分のルーツを無視するのはあまりにももったいないからなのです。(ミスユニバース日本代表が着物をイメージした服を着るのと同じことです。), 日本国内で切磋琢磨している人にはあまり関係ないかもしれませんが、世界で通用するおしゃれを追求するとここに辿り着くのでしょう。(むしろギャルソンを着ているから突き抜けられたのでしょう), 「突き抜けている人」が普通の服装をしていると見た目と中身のギャップによりマイナスなイメージを持たれることがあります。「気さくな感じだったのにサインをくれなかった」とか「テレビの中では笑顔だったのに写真撮影を断られた」などです。プライベートでいるときに、サインを書いたり写真を撮ったりするのができない状況でいい人オーラ、凡人オーラを出し過ぎるのは危険だとわかっているので「ちょっと話しかけにくい唯一無二のオーラ」を出さなければいけない場合があります。そんな時、活躍するのがギャルソンの服なのです。「おお、ちょっと一般人とは違うな!」というのを名刺がわりに見せてあげているのです。また「イラストレーターです」と言ったときに「やっぱり~!そんな雰囲気出てますね~」と思ってもらえるような「サービス」としての服装でもあります。クリエイティブなものを作っているのに平凡な服を着ていると、ちょっとがっかりされてしまうのです。ルックスは名刺の会社名や肩書きよりも雄弁です。, そしてですね、冒頭で女優、ダンサー、小説家、イラストレーターと挙げたのには、実は引っ掛けがありまして、美術家、デザイナー、クリエイターなどは入っていないのですよ。, 分かりにくいかもしれませんが「イラストレーター」と「画家」との違いだと思ってください。イラストレーターはギャルソンを着るんです。でも、画家はギャルソンを着ないのです。, ・イラストレーターは、クライアントの指示に従って制作する人・画家は自分の描きたいテーマで作品を制作する人, つまり、「クライアントありきの商売の人はギャルソンを着がち」なのです。言い換えると「自己プロデュース能力に長けている人がギャルソンを着がち」に変換させていただけたらと思います。相手が何を望んでいるのか分かる人達って事です。これはとっても重要なことで、空気が読める、時代が読める、自分に求められていることが読めると言うことです。(超大事!)こういう人々は食べていけるのだと思います。, もちろん、実力がすばらしく友達のお古の服を着て、流行もモードも関係なく都内有名美術館を単独で満員御礼にしちゃう画家に憧れはありますけども、今日本では数える程しかいないのではないでしょうか。, 私に中では女優、ダンサー、コラムニスト、イラストレーターと言うのは、研究家であると思っています。ありとあらゆる人生の積み重ねと、類稀なる客観性と、自分の分野を幅広く深く掘り下げてたくさんの良質なアートや文化を端から次々に食べて、噛み締め、消化し、排泄するように生み出すタイプの方々です。幅広い言い方をすれば「プロデューサー」ですね。自分をプロデュースする一面を持つ方々はかならずギャルソン着ていますし、エンターテイメントに関わるプロデューサーの方々もギャルソンを着ています。, 私は言わずもがなファッションが好きな方ですが、ギャルソンはあまり着ません。(たまに着ます)それは「完璧だから」です。音楽ディレクターでビートルズやクイーンしか聴かないという人がいたら「それじゃあ仕事にならないんじゃ…?」と心配になるのと同じことです。美術館のキュレーターがモネとピカソしか見ないって言ったらもちろん仕事になりません。「あなたの仕事は新しい才能を発掘して(ビジネスとして)伸ばしていくことなんじゃないの?」という話です。そうです、ファッション好き(バイヤーやスタイリスト)は常に新しいブランドを発掘して「このデザイナーはどんな家庭環境でどんな文化に触れてきたからこのデザインなんだ!」とソースを探りつつも、その稀有な才能を直接課金(買うこと)と間接課金(取り扱うこと、プロモーションしていくこと)で伸ばしていくことなのです。, セレクトショップのバイヤーに会うたびにお互いがチェックするのは「よしよし、まだベーシックに逃げていないな」と言うことです。面白い企画を次々とするバイヤーの服装というのはやっぱりどこか服装やルックスが変わっています。自分のベーシックに向かうのは、もちろん格好いいのですが、一方で「逃げ」な気がしています。もう少し、この大きな個性のパーティステージで僕と踊ってゆこうよ。と思ってしまいます。, 服装は、言うなれば彼および彼女の「最小単位のセレクトショップ」です。「スカートはこのブランドが最高、トップスはこのブランドがいい、バッグは、靴は、アクセは、髪色は、香りは、季節は、気分は、シチュエーションは、エモーションは」と一点一点の丁寧なセレクトにより自分だけのキュレーションスペースを誕生させるのです。そこにインキュベートがなければ、ちょっとつまらないんですよね。お金があって、余裕があって、自分の仕事を突き詰めた人にだけできるおしゃれがあります。「高価なものも安価なものもひっくるめてのクリエーションを基準としたスタイリング」です。この作業は永遠のテーマであり、最高に楽しいエンターテイメントです。ここまでくると仕事ではなくライフワークですよね。, そんな訳で「突き抜けている人がギャルソンを着る理由」なんとなく伝わりましたでしょうか?突き抜けている人は後押しをしてくれるような本物のオリジナリティが欲しいのです。みなさまもぜひ自分の仕事を突き詰めて自分だけのお気に入りブランドを見つけてみてくださいね。, 私も私服を制服化したい!でもどうすればいいかわからないという方は、ぜひ自問自答ファッション講座受けてみてくださいね。(いきなりギャルソン勧めないから安心してくださいね笑), 日本女子大学卒、都内百貨店にてパーソナルスタイリスト、セレクトショップバイヤーを経て独立。 まずはこちら。”いい物は高いという価値観も残ってほしい”という言い分はわからなくも無いのですが、, それなら何故、H&Mとコラボしたのか。ビジネスとしては正しいと思いますが、H&Mとのコラボはどちらかと言うと「安くて良い物」という価値観が強くなるのではないかと。, と、展示会開催を強行した時の事を語られていました。しかし、本当に縫製工場の仕事を担保するのであれば「発注量」が重要になります。以前読んだ「鎌倉シャツ 魂のものづくり」から一部抜粋しますと、, と記載されています。結局、発注量を担保できないのであれば仕事があっても工場は困ります。こういったところを見ると、どうしてもコムデギャルソンを好きになれないのです。, コムデギャルソンとの出会いは大学生の時。兄の着ていた洋服をたまに借りて着ていたんですが、そんないいブランドとは認知が無いまま、何となく着ていた事を覚えています。(コムサデモードと区別付いてなかった…。), 大学を中退し服飾専門学校に入学すると、デザイナーの先生が川久保玲さんを「日本三大デザイナーの一人」と仰られており、尊敬の念を抱くと発言していました。若者にとって学校の先生が「尊敬する」とまで言う人は、一体どのくらいすごい人なんだろうと思わすのに十分な力がありました。この時、自分の中で川久保玲さんの株が爆上げになりました。が、それも束の間、とある出来事から一気にコムデギャルソンに興味が無くなります。, 服飾専門学校には一部ですが、デザイナーズブランド信仰の人間がおりまして、安い服(セレクトショップオリジナルも含まれる)を着ているとバカにされたりもします。そういう人間がよく着用していたのがコムデギャルソンでした。, ちょうど「ランウェイで笑って」にそんな奴登場してた。 pic.twitter.com/pqjoLnxHq0, こんな感じですね。僕が今だにオシャレさんが怖いのは、こういった人をたくさん見てきたからでしょう(笑)余談ですが、そういった人たちは就職面接でコムデギャルソンを受け、二次面接で落ちたのにも関わらず、「二次に進めた」と誇らしげになるくらい狂信的でした。, と当時から不思議に思っていました。こちらがいくら有名SPAに内定をもらおうが、彼らの「コムデギャルソンの二次面接に進んだ!」には価値として及ばないような、そんな感覚ですね。こういった体験がコムデギャルソン嫌いに拍車をかけたのは言うまでもありません。ここに関してはブランドからしたら、ただのいい迷惑でしょう。, そんな捻くれたファッションライフを過ごした僕が、新卒で入社した会社はまさかの「高級ブランド」を取り扱うアパレル商社でした。, などと、自身のキャリアを正当化する為に思い込んでいた節もありますね。しかし、ラグジュアリーのビジネスモデルを知るとそんなファッションへの夢や希望を打ち砕かされそうな事実に直面する事もしばしば。, 新卒で入社した当時、先輩から「デニムの生地代なんて500円程度だよ」と言われた時に、自分が売っている5万円以上するデニムって何なんだろう?と思ったりもしました。(もちろんクラッシュ加工などしているデニムは人の手が加わっているので、その分コストアップするのですが。), それでもそんな環境にいると、不思議と高い物に対して抵抗もなく、自分もめでたくデザイナーズ信仰の一人になってしまいました。ちょっとした素材感やシルエットの違いで、数万円の価格差も気にならなくなってしまうんです。服って本当に不思議。, そんな感じでブランドのビジネスモデルについて知ってくると、コムデギャルソンがいかに優れたビジネスを展開しているかがわかってきたりします。, 上記記事のタイトルにもなっている「畏敬」という念は僕自身、コムデギャルソンのビジネスモデルに対しては同様の心情です。しかし、世の中にコムデギャルソンのクリエイションにフォーカスした記事や書籍はたくさんあるのに、ビジネスモデルにフォーカスしたものがあまり見当たらないのです。(僕が知らないだけかも知れませんが)という事で、取り急ぎAmazonでコムデギャルソンに関する本を買えるだけ買ってみまして、個人的にコムデギャルソンのビジネスモデルがすごいと思う点を自分なりにピックアップしてみました。, ブランドビジネスをしていると必ず出てくるのが、「別ライン」の展開。単純に売上を増やそうと思うと、既に確立されたブランドネームを使い、新たなラインを展開するのは効率が良いでしょう。最新のインタビュー記事を読む限り、コムデギャルソンの現時点でのブランド数は18ブランド。, しかし、これはラグジュアリーのビジネスモデルとは対極に位置します。ラグジュアリーではブランドイメージがブレてしまうからという理由でラインをむやみに増やしたりしません。シャネルやエルメスのようなブランドにセカンドラインが無いのはこの為ですし、最近ではバーバリーもライセンスを廃止した事で有名ですね。アルマーニやドルチェ&ガッバーナはセカンドラインを継続していますのでブランドによりけりではありますが、濃さを維持したまま18ブランドを運営するのってめっちゃハードル高いと思います。一つ一つを規模拡大していないからこそ可能なビジネスモデルかと。市場規模を読むのが難しく、規模拡大のさじ加減が命取りになりかねないでしょう。, 面白いのは、それぞれのブランドアイコンは明確であり、新しいラインを増やす度に、まるで自社ブランドで実験をしているかのように見えます。ジュンヤワタナベのMENSラインでは有名ブランドとのコラボが目立ちますし、アパレルより利益率の高い香水も、特化したラインを用意しています。, そして、決まってアイコンが確立された後は、トータルブランドとしてアイテムを拡張しているのです。(香水は流石に拡張していないようですが)シャツブランドとして作られたCOMME des GARÇONS SHIRTが、後々バッグや靴を展開するといった感じですね。売上を最大化しようと思うと良い手なのですが、アイコンやコンセプトがユーザーに刺さってないと使えない手法かと。このあたりのブランド展開が非常に秀逸ですね。, ラグジュアリーではクリエイティブと経営は分離しています。シャネルでもマーケティング部門はニューヨークに、アトリエはパリと分けています。しかし、コムデギャルソンではデザイナーである川久保玲さんが経営もクリエイティブも担っています。, とあるインタビューでも上記のように語っています。ヨウジヤマモトはそれで失敗しているのですが…。これは超個人的見解なのですが、川久保玲さんはビジネス寄りの人であり、クリエイションを担保しているのはパタンナーの皆さんなのでは?と勝手に解釈しています。(ご本人は「クリエイティブとビジネスは別物ではない」と語られています。), コムデギャルソンでは、川久保さんが言葉をパタンナーに伝えて、それをパタンナー自身が考えて制作するというフローのようです。それが原因からなのか、社内で新ブランドが立ち上がる時は、パタンナーが起用されています。川久保玲さんがクリエイションと経営のどちら共を完全に担っているのではなく、ここで上手く使い分けされているのではないかと。, コムデギャルソンの過去事例を調べていますと、販促が秀逸だという印象が強く残ります。(流通戦略も含まれてたりするかもです。)下記、代表的なところを抜き出してみました。, 内容としては、2004年から2009年にかけて世界各地で期間限定店を出店。出店場所の基準が、ファッションのメインストリート以外の地域。店の経営はファッション業界以外の異業種の人に任せた。(現地の学者や食堂の経営者が経営を担当)販売したのはパリのデッドストック(つまり不良在庫)で、在庫が無くなるまで実施されたとの事。, つまりこれって、言い換えればいつもと違う商圏とコミュニティに対して不良在庫を販売しただけなんです。それを「ゲリラストア」という見せ方にした事で付加価値が高く見えるし話題にもなります。ブランド力が備わっていなければ実現できない手法ですが、見事という他ありません。, ファッション雑誌などの既存メディアの編集ではコムデギャルソンの表現が十分ではない。という事で、自前のメディア(オリジナルカタログ)を1975〜87年まで発行します。ブランドが発行するルックブックというより、ビジュアルメインのオウンドメディアといった位置付けでしょうか。自社でメディア運営をするという発想が早すぎますね。, プレイコムデギャルソンのTシャツ販売のブースのようなものなんですが、これを見た時に一番思ったのが「坪効率めっちゃいい!」って事ですね。プレイってTシャツがめっちゃ売れるんですが、それならそんなに坪数いらないし、こういった屋台的な売り場でも十分。効率良いし、見た目もキャッチー。しかもこれが国内売上の1割を占めているというのですから(2012年時点)驚きです。人も場所もいらず、売上は取れるって最高ですね。タピオカ屋と面積変わらんのじゃないの。。, これだけ見ても、コムデギャルソンがどれだけビジネス巧者かよくわかるかと思います。そして、川久保玲さんがどのインビューでも語る事があります。それは、, 上記のような「新しいもの」へのこだわりです。これも一見すると、クリエイティブな発言に聞こえるかも知れません。しかし、新しいものを創り上げることで古い物を陳腐化させるファッション業界では、ビジネスとしても正しいと捉える事ができます。ユニクロの柳井さんが言う「成功体験の否定」と同様のようにも思うのです。, それを裏付けるかのように、川久保玲さんはインタビューでしきりに「ビジネスをやっている」と答えています。しつこいくらい、毎度言ってるのにインタビュアーがやけにアーティストにしたがるようにも取れる。そして毎回クリエイティブを賞賛し、ビジネスモデルにはあまり触れていない。読む層を考えると自然とそうなるのかもしれませんが、このせいか僕のようにコムデギャルソンに対して誤解している人間も少なからずいるのではないかと。, カールラガーフェルドも同様な言葉を残していますが、ここまで「ファッションをビジネスに利用している」という明確なスタンスを取っています。ブランド設立から50年が経った今でさえも注目されるブランドであり続けるには、いかにビジネスが上手く回るかをトップが設計できないといけない。何冊読んでも相変わらずコムデギャルソンの事を好きにはなれませんが、ブランドが濃さを維持しながら50年継続している理由は改めて理解できた気がしますね。, 株式会社StylePicks CEO/アパレル小売店舗ソリューション/ECサイト構築・運用・集客/服飾専門学校非常勤講師/etc ファッション業界を活性させたいと切望。 m-fukaji@style-picks.com.

リーガルハイ 9話 海外の反応 46, 相模貨物 横浜羽沢 撮影地 20, 君に溺れる心臓 ネタバレ 4 6, モンスト 木ノマ 真珠 11, アドベンチャー ベンチャー 違い 9, ヤマザキ Cm 女優 4, 桐谷美玲 幼少期 写真 4, 炭 治郎 お面 名前 18, 岩崎宏美 コンサート セットリスト 6, 腎臓 が 一 つ 双 角子宮 38, 沖縄 ゴキブリ 透明 22, A Complete ~all Singles 浜崎あゆみ Rar 10, 新テニスの王子様 仁王 メテオドライブ 5, 休息時間 湿布 違い 59, ニューラ リンク 株価 35, 高校教師 11話 あらすじ 11, 山口達也 再婚 相手 40, 羽生善治 100期 可能性 21, 吉澤ひとみ 自宅 マンション 4, 脂肪燃焼 ドリンク 運動前 6, かが屋 加賀 タバコ 10, Jal 上場廃止 理由 16, チンチラ 里親 掲示板 5, シカゴメッド エイプリル 感染 4, 大瀬良 聖人 なんj 22, クズの本懐 ドラマ キャスト 18, 完全なる飼育 ネタバレ ラスト 19, Mws カスタム ブログ 14, 関 典史 身長 8,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *