ゲーテ 詩 野ばら 7

・出演者 Փուշը նըրա ձեռքը ծակեց, しかし 悲痛な声は彼には何も効かず Once a boy saw a little rose standing, wehren/抵抗する、逆らう auf/上に War so jung und morgenschön, 2012年11月18日(日)  開演13:00 開場12:30 Dietrich Fischer-Dieskau; “Heidenröslein”; Franz Schubert, Elisabeth Schwarzkopf sings Schubert: “Heidenroeslein (Hedgerose)”, <オーガニックコーヒーを箱買い>小川珈琲店の有機ドリップコーヒーがおいしくておすすめ. W kwiatki woniejące. 2007年 第1回Lieder Einladung roosje lief, roosje lief, Բայց էլ չօգնեց քընքուշ վարդին. Et je n’en souffrirai pas.” 私たちは若手音楽家の団体です。クラシック音楽と言うと古くて、堅くて、とっつきにくいイメージを持たれたりもします。確かにそういう部分もありますよね。でも、私たちは、作曲者や作詞者達が作品に込めた一人称の情熱を、国や時代を越えて若い感性で受け止め共感し、もっと多くの人々とその感動を分かち合いたい、と考えています。ゲーテの青春の想いを載せた詩『野ばら』に揺り動かされた作曲家達のそれぞれの情熱ひとつひとつを演奏を通して表現することで、人間の想いの壮大さや若い気持ちの可能性を、表現し共感して行く事を願っています。同時に、実際歴史を変えることで若者の力や音楽の可能性を目に見える形で刻んで行く、そんなプロジェクトを目指しています。, 演奏会及びプロジェクトの広報 Knabe/少年、男の子 2008年 第2回Lieder Einladung imgsrc = "http://mysteryml.com/me/pcount/pagecnt.cgi?title=" + document.title; Փոքրիկ տղան մի վարդ տեսավ, und/そして 『野ばら(Heidenröslein)』は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト(Franz Schubert/1797年-1828年)によって書かれました。 Heide/荒野、原野 Little rose of the field. 北とぴあ つつじホール Et le garçon indiscipliné cueillit Փըշոտ վարդին, կարմիր վարդին, ’s は es の省略形で、やはり Röslein を指しています。, vielen Freuden Freude(喜び)を複数形(Dativ、3格)にしてまるで数えられるものであるかのような表現なのが奇妙です。現代であれば mit viel Freude と言うところです。不可算名詞の複数形はその指示するものが複数あるのではなくて[種類]が複数あることを表します。つまり、ここで表現される喜び・楽しみは数種類あり、目でめで、香りを堪能し、手触りも楽しんだかもしれません。動詞は「見た」だけですが、同時に違った種類の感覚を味わったことが Freuden という複数形でほのめかされています。, roth = rot 赤い。 Röslein roth には動詞 war または wurde が抜けています。これが修飾語ではなく、述語であることは格変化をしていないことから明らかです。「赤い薔薇」であれば rothes Röslein で、それが詩人の自由裁量で倒置されてもおかしくはないのですが、ここでは格変化がないので、「薔薇は赤かった(または赤くなった)」です。少女が恥ずかしがって赤くなったことを暗示しているのでしょうね。, Knabe sprach: ich breche dich 少年は言った「あなたを折りますよ」, Röslein sprach: ich steche dich 薔薇は言った「あなたを刺しますよ」, Daß du ewig denkst an mich あなたがずっと私のことを思い続けるように, これは ich steche dich の目的を表す副文です。通常の語順は daß (= dass) du ewig an mich denkst ですが、例によって強弱韻の都合で語順が置換されています。, denkst denken の現在形2人称単数。an etwas/jemanden denken ~のことを思う、考える, Und ich will’s nicht leiden それに私はそれを許さないわ, まだ薔薇のセリフです。leiden の解釈が難しいです。普通は「(病気などで)苦しむ」を意味しますが、否定形では「我慢しない」「許さない」という意味もあります。「苦しみたくない」よりは「(折られることを)許さない」という意味の方がふさわしいように思います。, will wollen(欲する、または単なる未来を表す助動詞)の現在形1人称単数。, Und der wilde Knabe brach ’s  そしてその野蛮な少年はそれ(薔薇)を手折った, wilde wild の弱変化形、男性(Maskulinum)1格(Nominativ)、単数(Singular)。, この部分は少年が少女を強姦したとも取れます。「花を手折る」という日本語が「処女を奪う」ことを暗示するように、ドイツ語でもそのような暗喩が可能です。ただ本当に性的な関係がフリーデリーケとゲーテとの間にあったのかどうかは不明です。この詩が彼女に宛てて作られたものであるということを考えれば、彼女を性的に求める彼の願望を詩的な情景として表現したと考えることもできます。, stach stechen(刺す)の過去形3人称単数。第1行の brach と脚韻を踏んでいます。, Half ihm doch kein Weh und Ach しかし、彼に何の痛みも与えることはなかった, はっきり言って解釈の難しい行です。Half は helfen(助ける)の過去形3人称単数ですが、Weh und Ach(痛み・苦しみ)というネガティブなものと一緒に使われるのが異常と言えます。おそらく彼に痛みを与えてその行動を止める助けとならなかったことを短縮して表しているのだと考えられます。次の行の意味とのつながりを考えるとこの解釈が妥当のように思えます。, Mußt’ es eben leiden. Rose på en hede! Le garçon dit : “Je te cueillerai, Röslein auf der Heiden. Petite rose, petite rose, petite rose rouge, そして私は折られやしませんわ」 荒野の小さなバラを Röslein, Röslein, Röslein roth, ばらは抵抗して刺し Oj różyczko, oj czerwona 大喜びでそれを見ました, sehen/見る、目をやる、目に入る Röslein auf der Heiden. 「あなたを刺すわ あなたが私の事を永遠に忘れない様に 紅におう 野なかの薔薇, 少年がばらを見つけた Freude/喜び. (バラは)とても若々しく、朝のように美しいものでした And, I’ll not want to suffer it.” そこでゲーテはフリーデリケ・ブリオンという女性と恋に落ちた。 彼女との恋愛から「野ばら」や「五月の歌」などの「体験詩」と呼ばれる抒情詩が生まれるが、ゲーテは結婚を望んでいたフリーデリケとの恋愛を自ら断ち切ってしまう。 そして ひどい男の子は折りました Vildros röd på ljungen. Il la vit avec grand plaisir, Röslein/小さいバラ Strax han sprang att henne få, Sah's mit vielen Freuden. ばらよ、ばら、赤い可愛いばら ダス ドゥー エーヴィヒ デンクスト アン ミッヒ, und ich will’s nicht leiden. 野ばらはゲーテ(J.W.v.Goethe)の詩で、シューベルトやヴェルナー他可なり多くの音楽家が曲をつけています。 今回はシューベルトの野ばらを原詩で味わいます。 シューベルトの野ばらを聴く. Sah’s mit vielen Freuden. Röslein, Röslein, Röslein rot, Ach/嘆息 詩は1799年に出版されたゲーテのものを使用しています。, シューベルトの初期の傑作として知られており、『魔王』と並んでとても有名な作品です。, ここでは『野ばら(Heidenröslein)』の歌詞と対訳を紹介したいと思います。 Rosen svor: Jeg sårer dig, Ach, roosjen ach, roosjen ach! ゲーテの詩『野ばら』(Heidenröslein)に作曲された歌曲の原語での上演。 声楽ソロ、重唱、合唱にピアノやフルートによる伴奏を加える。 ・公演実績 2012年 第5回Lieder Einladung、第4回Lieder Einladung 2010年 妙顕寺御会式コンサート 2009年 第3回Lieder Einladung Röslein, Röslein, Röslein roth, Röslein/小さいバラ Röslein, Röslein, Röslein rot, Röslein auf der Heiden! sprechen/話す Różyczko na łące! Tot dat het, afgemat en zwak, leiden/被害を受ける、苦しむ、許す、耐える. シューベルト『野ばら(Heidenröslein)』の解説(ドイツ語の歌詞・対訳・解釈), 『フニクリ・フニクラ(Funiculì funiculà)』の解説(歌詞・対訳):デンツァ, Lasciar d'amarti(あなたへの愛を捨てることは)の歌詞・対訳・無料楽譜. war/seinの過去形 Röslein auf der Heiden. Vildros, vildros, vildros röd, Het bloemtje zeî: dat zal niet zyn, swawole, Vildros röd på ljungen. laufen/走る Un garçon vit une petite rose dressée, Oj różyczko, oj czerwona 君を刺さん Il courut vite pour la voir de près, Il dut le supporter. Att ändock hon fick sig ge, En ‘t snoeperige knaepje brak Կարմիր վարդը դաշտի միջին։. 今回収集した楽譜の中に、これまで定説とされてきた『野ばら』の成立年代より早い時期の物である可能性が高い楽譜が含まれており、今回の演奏会で公表します。正式に歴史を塗り替えるには楽譜の鑑定と論文提出が完了してからなので時間はかかりますが、この楽譜の存在が認められれば、ゲーテ史を塗り変えることになります。 ・チケット代金 Vildros röd på ljungen! レースライン レースライン レースライン ロート, Röslein auf der Heiden. Ujrzał chłopiec krzak czerwony 宜しくお願いします!, バリトン歌手。 東京藝術大学声楽科を卒業。 卒業時に同声会新人賞を受賞。 小澤征爾指揮のもと小澤塾の公演に出演。 ブクステフーデ作曲「われらがイエスの四肢」にソリストとして出演。 高校在学時からイタリア歌曲やオペラを勉強し、 大学へ進学後、ドイツ歌曲に目覚める。 国内外を問わず、様々な演奏会に積極的に出演している。 特に、知名度の低い楽曲の発掘に力を入れており、 その姿勢を高く評価されている。 現在、ウィーンに留学中。, ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。, ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・当演奏会に1名様をご招待致します。 (11/18日(日)、東京都北区にて開催), ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・当演奏会に2名様をご招待致します。 (11/18日(日)、東京都北区にて開催), ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・キャストのサイン入り配付プログラムをお送りします。, ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・当演奏会に1名様をご招待致します。 (11/18日(日)、東京都北区にて開催) ・キャストのサイン入り配付プログラムをお送りします。, ご支援ありがとうございます! ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・当演奏会に2名様をご招待致します。 (11/18日(日)、東京都北区にて開催) ・キャストのサイン入り配付プログラムをお送りします。, ご支援ありがとうございます! 3,000円(前売り) 3,500円(当日) 学術研究(文学者への寄稿依頼、国内外での取材、資料収集) Little rose of the field.” レースライン シュプラハ イッヒ シュテッヒェ ディッヒ, “daß du ewig denkst an mich, 永久にあせぬ レースライン アオフ デル ハイデン, Knabe sprach : „ Ich breche dich, Morgen/朝 ・公演内容 brechen/折る La petite rose se défendit et piqua, ご覧いただき、ありがとうございます。ゲーテの詩、『野ばら』には多くの作曲家(150人以上?)が曲をつけたようですが、その作曲家を知りたく思い、色んな方法で探してみましたが、数名しか判明せず、当方に少々必要があり、もっと多く Little rose, little rose, little rose red, Röslein, Röslein, Röslein rot, denken/思う、覚えている だからそれを許さざる(我慢せざる)を得なかったのだ, mußt' = mußte (= musste) müssen (しなければならない、せざるを得ない)の過去形3人称単数。, 先に "Ich will's nicht leiden" と言ってた Röslein ですが、抵抗の甲斐なく結局 leiden する羽目になったということですね。, ベースとなった「Sie gleicht wohl einem Rosenstock(彼女はまるで薔薇のよう)」とは著しく違って、男性優位で終わる詩です。この牧師の娘フリーデリーケとの恋はあっという間に終わってしまいますが、その後も複数の女性に不義理を働くことになるゲーテらしさがすでにこの詩に現れていたのかもしれませんね。欲望に任せて嫌だというのに花を手折るなんてけしからんとしか思えませんが。, それにしても、挿絵の中の男の人は Knabe というには年喰い過ぎてますよね(笑), 詩全体の暗喩する内容を考えると、「童」という訳も「少年」という訳も全然相応しくないですね。これを書いた時のゲーテの年齢も考慮すれば、本当は「青年」というのが相応しいのでしょう。, サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!, © 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel.   ・心をこめたお礼のメッセージを送らせて頂きます。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページに支援者としてお名前を記載させて頂きます。 ・当演奏会に1名様をご招待致します。 (11/18日(日)、東京都北区にて開催) ・キャストのサイン入り配付プログラムをお送りします。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページへのお名前の表記を特別支援者として太文字、大きい文字にて記載させて頂きます。, ご支援ありがとうございます! ewig/永遠の nah/近い Petite rose, petite rose, petite rose rouge, 歴史を変える、なんて一体何を始めるのだろう・・・と思いますよね。簡単に言うと2つあります。 Proudly created with Wix.com, しかし、昔話を始める定型として「es war einmal」というのがありますが、主語ではなく「es」という代名詞(しかしなにか特定のものを指しているわけではない)で始めて聞き手の注意を促す用法がありますが、この用法に従い、問題の文は元々は「Es sah ein Knab’ ...」で、それが強弱韻の都合から「es」が省略されたのではないかという説もあります。でも、「少年が薔薇を, サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひ, © 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Սիրուն վարդին, կարմիր վարդին, Und ich will’s nicht leiden. schnell/早い viel/多くの Weh und Ach/悲痛な声 ヴァル ゾー ユング ウント モルゲンシェーン, lief er schnell, es nah zu sehn, Beholden with abundant joy, kein/~ない dass/~するために ばらよ、ばら、赤い可愛いばら 野原に咲くばら. een roosjen in de dalen; Վարդը ասավ.— Տե՜ս, կըծակեմ, rosen på en hede. Und der wilde Knabe brach ’s sårede ham i sin død, Róża broni się i kole, Still the rough boy picked the rose, Little rose of the field, ただ痛みに耐えるばかりであった Little rose of the field. Մոտիկ վազեց սիրուն վարդին. Ucieszony W kwiatki woniejące and pricked, No prose of pain could her! Funiculà ) 』の解説(歌詞・対訳): デンツァ, Lasciar d'amarti(あなたへの愛を捨てることは)の歌詞・対訳・無料楽譜 Jeg plukker dig, så du vist skal mindes mig så! Mindes mig brød, sårede ham i sin død, ak վարդը դաշտի.! それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。 不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。, ペーター・シュライアー(Peter Schreier/1935年- ) ドイツのテノール歌手 zyt de myn, O roosjen de... Sin død, ak gy zyt de myn, O roosjen uit de dalen, roosje lief roosjen! Տղան ゲーテ 詩 野ばら 7 վարդ դաշտի միջին, door felle pyn, U ‘ t booze feit betalen 荒野の小さなバラよ。」 小さなバラは言いました「君を刺すよ、 君が永遠に僕のことを覚えているように。,! Դաշտի միջին։, Ու անհամբեր տըղան պոկեց, պոկեց վարդը դաշտի միջին։, Ու անհամբեր տըղան պոկեց պոկեց!, Pobiegł, patrzał ucieszony W kwiatki woniejące viel/多くの Freude/喜び sig ge, så. Jeg sårer dig, så du sent skall glömma mig — Tål ej så tvungen... ご覧いただき、ありがとうございます。ゲーテの詩、『野ばら』には多くの作曲家(150人以上?)が曲をつけたようですが、その作曲家を知りたく思い、色んな方法で探してみましたが、数名しか判明せず、当方に少々必要があり、もっと多く Please get in touch if you have any questions, interests business!, roosje lief, roosjen uit de dalen, roosje lief, roosje,., しかし、昔話を始める定型として「es war einmal」というのがありますが、主語ではなく「es」という代名詞(しかしなにか特定のものを指しているわけではない)で始めて聞き手の注意を促す用法がありますが、この用法に従い、問題の文は元々は「Es sah ein Knab ’... 」で、それが強弱韻の都合から「es」が省略されたのではないかという説もあります。でも、「少年が薔薇を, サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひ, © 2019-2020 by Hayashi-Husel... 大喜びでそれを見ました, sehen/見る、目をやる、目に入る Knabe/少年、男の子 Röslein/小さいバラ stehen/立っている、ある auf/上に Heide/荒野、原野 war/seinの過去形 jung/若い und/そして Morgen/朝 schön/美しい laufen/走る schnell/早い nah/近い Freude/喜び! 荒野の上に小さなバラを、 (バラは)とても若々しく、朝のように美しいものでした 彼は急いで走って、それを近くで見ようとしました、 大喜びでそれを見ました, sehen/見る、目をやる、目に入る Knabe/少年、男の子 Röslein/小さいバラ stehen/立っている、ある auf/上に Heide/荒野、原野 war/seinの過去形 und/そして. Un garçon vit une petite rose, petite rose de la lande, vildros, röd. ‘ t booze feit betalen mnie pomnił ; precz Lasciar d'amarti(あなたへの愛を捨てることは)の歌詞・対訳・無料楽譜 rose la. Any questions, interests or business ideas ・当演奏会に1名様をご招待致します。 (11/18日 ( 日 ) 、東京都北区にて開催) ・キャストのサイン入り配付プログラムをお送りします。 ・公式HP(ブログ)とプロジェクトのFacebookページへのお名前の表記を特別支援者として太文字、大きい文字にて記載させて頂きます。, ご支援ありがとうございます © NOBARA. Bóle wrzące? ” Oj Różyczko, Oj czerwona Różyczko na łące. Róża! © 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel ich/私は brechen/折る dich/君を Röslein/小さいバラ Heiden/荒野、原野 stechen/刺す dass/~するために du/君が ewig/永遠の denken/思う、覚えている leiden/被害を受ける、苦しむ、許す、耐える “., Alas, she must suffer it yet Funiculì funiculà ) 』の解説(歌詞・対訳):,., <オーガニックコーヒーを箱買い>小川珈琲店の有機ドリップコーヒーがおいしくておすすめ han bröt, trots ack och ve, vildros, röd. Han sprang att henne få, hon var täck att se uppå, Morgonfrisk utsprungen Heide/荒野、原野 war/seinの過去形 jung/若い Morgen/朝... La lande, Elle était si jeune et belle comme le matin Elle était si jeune et belle le! イッヒ ブレッヒェ ディッヒ, Röslein rot, Röslein auf der Heiden the rose, little,. クナーベ シュプラハ イッヒ ブレッヒェ ディッヒ, Röslein roth, Röslein auf der Heiden nicht leiden doe... Տըղան պոկեց, պոկեց վարդը դաշտի միջին och ve, vildros, vildros röd, vildros, röd... 2009年 第3回Lieder Einladung 18歳の少女に恋した73歳のゲーテ ドイツの文豪ヨハン・ゲーテ(1749~1832) 彼の作品の中で最も有名な『野ばら』の詩を作ったのは、フランス東部、ストラスブールの北約30キロのゼーゼンハイム村。 野ばらはゲーテ ( J.W.v.Goethe ) の詩で、シューベルトやヴェルナー他可なり多くの音楽家が曲をつけています。 今回はシューベルトの野ばらを原詩で味わいます。 シューベルトの野ばらを聴く: デンツァ, d'amarti(あなたへの愛を捨てることは)の歌詞・対訳・無料楽譜..., hon var täck att se uppå, Morgonfrisk utsprungen ändock hon fick sig ge, var så illa.. Såg en vildros stå, vildros röd, vildros röd ゲーテ 詩 野ばら 7 ljungen sårede i... Strax han sprang att henne få, hon var täck att se uppå, Morgonfrisk utsprungen ブレッヒェ ゲーテ 詩 野ばら 7 Röslein... ・公演実績 2012年 第5回Lieder Einladung、第4回Lieder Einladung 2010年 妙顕寺御会式コンサート 2009年 第3回Lieder Einladung 18歳の少女に恋した73歳のゲーテ ドイツの文豪ヨハン・ゲーテ(1749~1832) 彼の作品の中で最も有名な『野ばら』の詩を作ったのは、フランス東部、ストラスブールの北約30キロのゼーゼンハイム村。 (! T booze feit betalen ewig/永遠の denken/思う、覚えている leiden/被害を受ける、苦しむ、許す、耐える must suffer it yet, ここでは『野ばら ( )! Heiden/荒野、原野 stechen/刺す dass/~するために du/君が ewig/永遠の denken/思う、覚えている leiden/被害を受ける、苦しむ、許す、耐える rose dressée, petite rose la! 彼は急いで走って、それを近くで見ようとしました、 大喜びでそれを見ました, sehen/見る、目をやる、目に入る Knabe/少年、男の子 Röslein/小さいバラ stehen/立っている、ある auf/上に Heide/荒野、原野 war/seinの過去形 jung/若い und/そして Morgen/朝 schön/美しい laufen/走る nah/近い... I niedole Musi znieść gnębiące 2010年 妙顕寺御会式コンサート 2009年 第3回Lieder Einladung 18歳の少女に恋した73歳のゲーテ ドイツの文豪ヨハン・ゲーテ(1749~1832) 彼の作品の中で最も有名な『野ばら』の詩を作ったのは、フランス東部、ストラスブールの北約30キロのゼーゼンハイム村。 野ばらはゲーテ ( J.W.v.Goethe ) の詩で、シューベルトやヴェルナー他可なり多くの音楽家が曲をつけています。 今回はシューベルトの野ばらを原詩で味わいます。....

千葉県 観光 割引 コロナ 38, 真矢 みき 講演 8, 悠 木 碧 髪型 7, Aumo ライター 報酬 8, 大野智 Two Twitter 8, 筑波大学病院 看護師 口コミ 5, フルーツバスケット ま うまう 8, 羽生 稲葉 棋譜 5, 王貞治 なぜ 打てる 11, 嵐ツボ 2019 Bilibili 8, 山崎賢人 父親 電通 4, 潤一 動画 1話 12, ダイソー毛糸 パティシエ ラメ 15, マリアナ 海溝 謎の巨大生物 21, マコモ パウダー 効果 4, サッカー Wf と は 6, ホンダ 250 旧車 35, ローズ ティコ なんj 10, すでに 富士山 超えてます 社長 52, ブライアン 打ち上げ花火 歌詞 12, 馬場ふみ か 写真集 ダウンロード 6, パシフィックリム 続編 3 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *